FC2ブログ

2006-12-12

「うん」と言える力

子どもに教えることはたくさんあります。
そのうちの1つ、できるだけ早い時期に教えて頂きたいと思うことがあります。
大人が言ったことを受け入れられる力です。
「積み木片付けて」→積み木を投げる
「積み木片付けて」→知らん顔する
「積み木片付けて」→「いや~」と大声をあげる
「積み木片付けて」→泣いてみる
「積み木片付けて」→積み木を並べる
「積み木片付けて」→ニコニコする(でも積み木は片付けない)
「積み木片付けて」→「お父さんどこ行った?」(関係ないこと言って場面をそらす)
「積み木片付けて」→「片付けたらテレビ見ていい?」(交換条件をつけてくる)
ではなく、
「積み木片付けて」→「うん」と言って(言わなくてもいいのですが)、片付ける。

子どもは、これから学ばなければいけないことがたくさんあります。
なのに、大人の言うことが受け入れられないと学ぶ機会をどんどん失います。

子どもの意思、子どもの気持ち、子どもの自由、子どもの権利・・・
もちろん、これも大事なのですが、社会で生きていくにはやりたくなくてもやらなあかん時があるのです。
それに、自由や権利を獲得するには、守らねばならぬルールを守ることと義務を果たすことが必要なのです。
これができるようになるために、子どもの頃、大人の言ったことを受け入れる練習をします。
身近な大人の言ったことから、先生、兄弟、友達、社会一般に言われることに広げていきます。

他の子ども(兄弟とか同じクラスの子ども等、同年代の子ども達)もできないよ~って言われるかもしれませんが、
他の子ども達は、発達障害がある子ども達よりも早い時期に他者の目を意識する力を持ちます。
なので、実年齢に応じて、相手や場面によってうまいこと使い分けて、「うん」と言わないといけない場面では自分をコントロールすることができます。

あと、そこそこ言葉が話せるお子さんの場合、気をつけて下さいね。
あからさまな逃避ではなく、話をそらしたり交換条件をつけて上手に逃れていきます。
あ、交換条件は絶対ダメですよ~
そのうち、テレビとかおやつが、お金とか車とかに変わっていくので。

どうやって教えるかって、ただ、「積み木片付けて」と言って(怒鳴りつけるとか怒るとかではなく、ひるまずに指示を明確に言う、です)、
あとは、泣いても怒っても積み木を片付けるまで待つ、片付けるように手助け(片付けてあげるんじゃないですよ~)です。
同じように指示して、昨日は片付けないといけなかったのに、今日は泣いて可愛そうだから片付けなくてもいい、
これは止めて下さい。子どもが混乱します。
「片付けて」って指示の時、どうすればいいのかわからなくなってしまいます。

無理やりさせて2次障害にならないか?
ならないです。
きちんと自由にできる時間、指示をしない時間、子どもが選べる場面を作ってあげれば大丈夫です。

いろんな理由をつけて教えることを避けずに、教えていなかった自分と向き合いましょう(きびし~い)。
そう、厳しいのはわかっています。
でも、とても大事なことだし、やる価値のあることです。
子どもが大きくなった時、より自由に生きていけるためにです。

コメント ( 6 )件 | この記事のリンク

  • 名前:ひろみ   投稿日時 : 2006.12.14 【URL】
  • こんばんは。見守る、待つということって、ほんとうに苦しいですねー。もう短気な私には修行のようなものです。それから、この一行にハッとしました。→いろんな理由をつけて教えることを避けずに、教えていなかった自分と向き合いましょう・・・これ、まさにです。わが子が小さいとき、人と関わらない、子供同士の中に入っていこうとしない、目も合わさない、おまけに転んだりしたら、異常なくらい地面やモノにあたる、などの行動を友達とかに見られるのがイヤで、いろんな場所へつれて行くのを避けるようになっていきました。初めて会う人は、そういうのを見ると引いてしまって、それが恥ずかしいって思うようになってました。まさしく、それを理由に教えるシチュエーションから逃げていたんだなぁ。親がそんな風に思っちゃったら、そこまでになっちゃいますよね。とってもナットクです!
  • 名前:Mマミィー   投稿日時 : 2006.12.15 【URL】
  • ハイ(ウン)と言える力本当に大事ですよね。
    大人になった時に、一番重要なことだと思います。 これぞ愛される
    自閉症になって欲しい我が子に獲得して欲しいことです。

    母とのセラピー中は、なかなか素直にウンとは言えない我が子ですが、
    亀梨君とのセラピーではめちゃくちゃ素直と言うか、従順ですよね。
    多分、母のセラピーはガツガツして課題が不必要に多すぎるせいだと
    思いますが、とこででも誰とでも亀梨君とのような態度で居られると
    皆に愛されるだろうなぁと本当に思います。

    見守る、待つということは私にとっての一番の課題だと改めて
    認識しています。
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2006.12.15 【URL】
  • ひろみさん、
    いろんな体験を交えてのお話、ありがとうございます。
    ひろみさんが感じられてきた思いは、
    多分、このブログを読む全ての親御さんが感じてこられたことだと思います。
    過去は戻りませんが、未来は変わっていくと思います。
    今から、もっと楽しい生活に変わっていくといいですね。
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2006.12.15 【URL】
  • Mマミーさん、

    待つとは、本当に難しいことですよね。
    私も、人のことは言えますが、自分は・・・だったりします(笑)
    それでも、お互い言い合い続けると少しずつでも変わっていくかと思っています。

    亀梨くん、ほんとぬ上手になりましたよね~
    その昔、セラピーうまくなると女性への対応もうまくなるよ~って、
    言ったことがあります(笑)
  • 名前:KYOママ   投稿日時 : 2006.12.15 【URL】
  • 「うん」といえる力・・・・。今うちのお兄ちゃんにほしいです。しゃちょーの「大人の言うことが受け入れられないと学ぶ機会をどんどん失います。」ということば、まさにそのとおりですよね。で、今お兄ちゃんは大人のいうことを受け入れられず、悪循環に陥ってます・・・。はあ~(-_-;)。
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2006.12.18 【URL】
  • お兄ちゃ~んi-282

    まあ、セラピーで行なうことの多くは、
    発達障害あるなし関わらず、全ての子どもに有効なことだということで。

    お母さん頑張れ~v-91
  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる