FC2ブログ

2006-12-01

あえて、頑張りましょう

今日のプロフェッショナル(NHKの番組です)、ユニセフで活動している杢尾さんという方でした。
紛争、貧困、難民・・・本当に大きな問題、困難な問題。
やってもやっても、何も動かない。やってもやっても、次から次へと問題が起きる。
それでも、ほんの少しの可能性のために、今日も一歩、踏みだしてみる。

以前、見た忘れられないドキュメント。
フィリピンの7歳ぐらいの女の子。弟と病気を抱えたお母さんと一緒に暮らしています。お父さんはいません。
彼女は、ゴミ捨て場のすぐ横に住んでいます。
彼女はゴミ捨て場からビニルを拾って、それを洗って束にして買ってもらって生計をたてています。
学校には行っていません。
彼女は一家の大黒柱なので、朝から晩までビニルを拾わないといけないし、弟やお母さんの面倒もみないといけないから。
食事は、2日に1度ぐらい。1分粥みたいなスープです。
そんな彼女の宝物は、ゴミ捨て場で拾った教科書です。字は読めないけど宝物なんです。
勉強したい・・・という彼女の想いは、想っても想っても届かない。
それでも彼女は今日も想い続け、今の生活を一生懸命生きる。

世の中はとても広いです。
どんな状況の中でも、どんな小さな事でも、できることがあります。
私たちなんかが抱えている問題よりも、もっとどうにもならないかもしれない問題に、
それでも前を見て、歩み続けている人達がいます。

単純に比べることはできないと思いますが、
これを読んでくださっている全てのご両親にお願いしたいのです。
彼女達が抱えていることよりも、もっとどうにかできる可能性があります。
学校とか施設とか行政とか、誰がするべきとかいう話の前に、
皆さん自身のお子さんのことなんだから、皆さんでなんとかすることを考えてみましょう。
私たちには、まだまだ子ども達のためにできることがあります。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる