FC2ブログ

2006-11-24

ハードとソフト

先日、友人のお見舞いに行ってきました。
入院先は、私の古巣の市民病院です。
私が2年目の途中で病院が移転し、その地域の中核をなす立派な病院になりました。
何千万もする医療機器が入り、特殊病棟ができ、建物はホテル並みに美しいです。
友人は総室にいたのですが、その床頭台の立派さに驚きました(病院の病室には床頭台なるものがありまして、つまり、引き出しつきの台です)。
稼動範囲180度の液晶テレビ・冷蔵庫・セキュリティBOX付きの立派な木目調の床頭台です。

その病院には、私の同期の看護師が数人います。
もう10年目ぐらい、最も働き盛り、リーダーシップをとる年代です。
毎年、忘年会をするのですが、年々、嘆きがひどくなってきます。
「この病院に看護はない。」
具体的な話を聞けば、病院の見た目の美しさとは余りにもギャップがあるソフト面。
「あんたは、一番いい時に辞めたわ~」毎年言われる彼らのすて台詞です。

美しい床頭台に空しさを膨らませられた日でした。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる