2013-04-15

学びにいかされる評価

最近参加している障害がある人達への就労を支援する会合でのできごと。
障害がある方を数多く、数十年に渡って雇用されてきている企業の方が講演をされました。
講演の中で「就労支援評価シ―ト」と評価表が配布されました。
そこで働く障害がある方の働きぶりを上司等が確認するためのチェックシートです。
一般の企業でもよくあるものですね。
チェックされる側は余り心地よくないかもしれませんが、私は、これが活かされているのであれば良いと思います。
このチェックによって個人の課題がみつかり、それを改善することで個人の働き方がよくなり、
その結果、仕事が上手くできるようになることは個人にとっても気持ちいいことだし、
もちろん企業にとっても生産性が高まる等のメリットがあり、みんながハッピーですよね。
こうなるためには、この評価表の項目がいい結果に結び付くような内容でなければなりません。

大きく二つに分かれていて、半分は職業の作業効率等の技術的な内容、
もう半分はコミュニケーションや社会性といった集団としての動き方の内容です。
注目すべきところは後者ですが、例えば、コミュニケーション欄の「あいさつ」。
チェック項目には「あいさつができる」と書かれていて、これを4段階ランクでチェックします。
皆さんどうでしょうか。チェックする側だとしたら、何をもってできたとするのか迷いませんか?
個人レベルでは挨拶の仕方なんて人それぞれ、もっと言えば相手や状況によっても変わりますから、
もっと具体的な言動が明記されていないと評価する人によって、評価内容が大きく変わってしまいます。
これだと対象者の正確な評価ができませんから、当然、それに対して適切な改善策はつくれず、
うまくいかない支援が続き、チェックされた側が不快なだけの評価表になってしまうんですね。
手前味噌ではありますが、うちの評価表はどうなっているか。
最近、こども塾の評価表の一部を掲載したので参照していただきたいのですが、

http://www.kids-power.net/archives/2010/06/images/1364463407.pdf
(弊社HP、トップページニュース欄の3月28日付け記事参照)

この中の「コミュニケーション」→「あいさつ」の欄を見ると、「先生や友達の顔を見て言う」となっていますね。
まずターゲットにするべき行動は、「顔を見る(見ながら)」、この一点ができているかだけをチェックします。
できていれば○、いなければ×、誰がチェックしても同じ評価になります。
そして、これができていれば「あいさつ」の次の項目にすすんでいきます
(HP掲載のシートは一部抜粋なので、次の項目は省略されています)。
このように具体的な行動が評価の対象になっていると、対象者の今の能力とズレない評価ができ、
その結果、何を課題にして、どんな対策をすればいいかが明確、かつ正確になり、
成功する支援がうまれていきます。

時期的には少し落ち着きましたが、不況のせいか少子化のせいか、
障害に関わらず就職進学に関する報道をよく目にしますが、
雇用する側もされる側(入学する・受け入れる)も、よく使う言葉「やる気」。
でも、その「やる気」の正体を明確に語れる人はそう多くないのです。
(大多数に通用するそれが語れれば、深夜に行列ができるベストセラー作家になれるかも!)

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる