2013-04-09

入学式の思い出

先週末から今週にかけて、入園・入学式を迎えられた方多いですよね。
Kid’s Powerのこども達も、今週は、この話題がたくさん出てきそうです。

さて、今日は、数か月ぐらい前から私が面談している高校生男子の入学式の話です。
(診断はついていませんが発達障害の疑いがあります)
入学式のその日が、私との面談の日でした。
入学式を含め、新しい学校・クラスメイトの様子等を話してもらうと、
男「え~っと、長い話があって、弁当食べて、後は、担任とか生徒が自己紹介しました。」
私「ふ~ん、どんな子がいたの?」
男「わかりません…」
私「隣の席の子は、どんな子だった?」
男「不良っぽい、ヤンキーっぽい男子でした。」
私「不良っぽいって、どんなん?」
男「こんな髪で…」(髪を逆立てたような手振りをする)
私「へぇ~そんな感じかぁ」

男「あと…ネコと遊びました。この腕時計プラプラすると寄ってきて…抱っこしたかったけどガラス越しなんで触れませんでした(学校で飼育されているネコ)。」(ネコ好きで満面の笑みです)
私「へえ~どんなネコ?」
男「これぐらいの大きさで、茶色に金色が混じったフサフサした毛で、抱っこしたら気持ちよさそうで、『ミャー』って感じの声で、ライオンのこどもみたいなんで僕は『ライオンくん』って呼んでいる。オスかメスかはわからない。」
私「ふ~ん、かわいいねぇ」

私「今日の入学式で一番のことと言えばさぁ…」
男「やっぱり、ネコちゃんですかねぇ~」
私「そうよねぇ~」

私の期待を裏切らない彼の入学式の思い出は「ネコ」。
何も問題はありません。
ただ、これから社会で自分も周りも心地よく生きていけるために教えることがいくつかあります。
①実は、入学式の思い出と言えば、ネコ以外のこと(例えば、担任やクラスメイトが誰とか、どんな格好して行ったとか、式典中の様子とか、家族にお祝いしてもらったとか)の人が多いということ
②だから、人前で入学式の思い出がネコであることを話すと、少し驚かれるかもしれない(なので、前置きをするとかスキルを教えます)
③でも、入学式の思い出がネコであることは間違いではなく、ネコでも、ネコ以外でも◎(なので、自分の話を聴いてもらったり、相手の話を肯定的に聴く練習をします)

ソーシャルスキルとは、いろんな価値や考え方がある人達が互いに心地よく過ごすためのスキルであって、
価値や考え方を変えるためのものではありません。
だから、彼の思い出がネコであることを変える必要はないけれど、それが周りの人からどんな風にみえるとか、
そう言う時にどんな行動をすればいいのか練習すればいいのです。
また、その行動が、自分が認めてもらうためだけでなく、相手のことも認めていると思ってもらえるような行動であることが大事です。
互いに心地よくないと、本当の意味での人との関係は長続きしませんからね。

ちなみに私は、入園・入学式で覚えていることは1つもありません。
全て参加しているはずなのですが、ネコに匹敵する思い出すらありません。
式典のようなイベントは、あたかも人生を彩る大きな出来事のような気がしてしまいますが、
実は、日々の生活の積み重ねに比べれば、人生において大したインパクトはないのかもしれないですね。


コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる