FC2ブログ

2013-03-23

卒業おめでとう

今日は、スクールトライアルとこども塾1組・3組の合計3クラスの卒業式、修了式でした。
卒業証書を渡して、校長先生(私)のお話、ご両親からのメッセージ、歌って終わりです。
(校長先生として名乗るのはこの時ぐらいですが、大抵のこども達は、私が校長先生と漠然と認識しているようです。これって、なかなかソーシャルです)

こういう式典の意味って何でしょうね。
私は、ちょっと立ち止まって振り返ったり、リセットしたり、確認したり、そんな機会かなと思います。
お父さんとお母さんは、毎日の忙しい生活の中、こども達を三ノ宮まで送迎するだけでも大変で、
こんなに頑張っているのにモグラたたきのように課題がでてきて(成長しているからこそ新たな課題がでてくるんですけどね!)、
なかなか成長したよね~って感じる暇もないと思いますが、この式典こそ、そのタイミングです。
そして、それを感じるのは式典自体のこどもの様子だけでなく、この1年間を思い起こして、
去年の春はあんなことしていたのに、今は、こんなことができるよね~って思っていただきたいのです。
そんな想いから、私たちが手渡す卒業証書は1人ずつ違っていて、それぞれのこども達のできるようになったこと、
得意なこと、頑張ったことが書かれていて、卒業アルバムの写真は、それぞれのこどもらしい写真が載っています。
担任寺口が夜なべして(笑)写真を編集・印刷し、アシスタントのみんながコメントを入れてくれ、
1人1人のこども達用の卒業証書とアルバムが出来上がります。
どうぞ、こども達と一緒に卒業証書やアルバムを見ながら、こども達の成長を確認してあげて下さい。

心で想うだけよりも、声に出して言葉にするほうが嬉しさは実感できます。
こども達自身もうまくできたと思える体験と、こどもがわかる表現でそれをフィ-ドバックされることの蓄積が、
肯定的な自己理解につながり、自分を肯定的に捉えられてはじめて、他者や社会を想う余裕ができてきます。
そんな経験をできる社会的な器が、私たちのスクールトライアルやこども塾だと思っています。
こどもの時に一度でも、自分も周りも一緒に心地よく過ごせる器が世の中にあることを経験したことがあれば、
これから思春期や大人になって時に辛い時期があっても(一度ぐらいあるのが普通です)、
器があるはずと希望をもって、また頑張れるタフな人への成長していけるはずです。
一度も経験したことがないものを追えと言われても、なかなか難しいですからね。

私は、うちのこども達が社会の中で、働き、遊び、泣いたり笑ったりしている姿を楽しみにしています。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる