FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 | この記事のリンク

2013-03-11

ステキな支援

小学校通常学級での支援を確認に行ったときのこと。
30数名の1年生のクラスに担任1人、支援学級在籍のこどもの援助に入っている支援学級の先生1人。
支援学級の先生とは、昨年の4月から何度かお話させていただきながら、
学校での支援方法と家庭療育とをつないできました。
ここ数年、学校で支援方法をお話させていただいたり、学級運営をお手伝いさせていただく機会が増えましたが、
まだまだ難しい(支援がうまくいっていない)ケースの方が多い中、
こちらの先生の支援はとても素晴らしくなっています。

見学した授業は国語でした。
1時間目の前、朝の時間の漢字ドリルが終わったら、A君は最近はまっている折り紙をしていい約束になっています
(学校では与えられた課題が終わったら自由帳にお絵描きしていいとかありますよね)。
折り紙を折っている真っ最中、クラスは朝の漢字ドリルの時間が終わり、音読が始まります。
でも、支援の先生はAくんの折り紙をすぐには止めず、今折っている1つが終わったところで、
「片づけて、教科書だして、○ページ」と、指示し、クラスに参加させます。
音読は、Aくんがいる窓付近の席とは反対の廊下側の席のこども達から順に、句読点ごとに読まれていきます。
支援の先生はしばらくAくんに声をかけず(教科書は開いているが、今読まれているところには注目していない)、
Aくんの2人前(ちょうど同じ班のこども達が読み始めたとこ)から、「(指差して)ここ、見て」と、
今読まれているところを目で追うように、指示を入れ始めます。
そして、Aくんの番になると、Aくんが読むべきところを読み始められます。
とてもスムーズ!

支援とは、今のこどもの発達に応じて、子ども自身に頑張らせることと環境整備をすることで、
こども自身が社会で上手く生活していけるようにすることです。
そして、その練習は、どんな社会場面にいるかによっても変わっていきます。
学校なのか、療育場所なのか、個別療育(家庭も含む)なのか。
例えば、私たちが行っている小集団の場面だと、A君にとってそれが今の課題であれば、
上記の折っている途中でもクラスで音読が始まれば止めます。

それは、もし折り紙を止めた時にA君が怒っても、大人は譲らずにクラスに参加できるよう対応でき、
(自分のやりたい活動を止められるわけですから、最初は、要求を通そうとチャレンジしてくることが多いです)、
また、クラス全体の進行も妨げないように対応する準備があるからです。
もちろん、個別療育でこの手の練習は散々積んでいることが大前提。
でも学校では、物理的な問題、クラスにいる同級生、授業で進めるべき学習内容、いろいろな条件があります。
それらを妨げない(Aくん自身と同級生の双方に学ぶ権利がありますからね)ように、
かつ、A君が学びを得られる一点を探っていくことになります。
そういう意味では、本当に素晴らしい支援を見せていただきました。

うちの支援の先生にもやってもらわなくっちゃあ~と思われると思いますが、ここまで出来る先生は稀です。
それから、この先生も失敗はされます(ご本人も、毎回はなかなか…と言われますから)。
そして、支援の先生のスキルの問題だけではなく、Aくん自身が幼児期からどれだけ療育で練習を重ねてきたか
(個別でできないことは集団でもできません!学校に丸投げはダメですよ~)、
1年間という年月を重ねてきて今があること等、本当にいろいろな積み重ねがあります。

今日のブログで皆さんに知っていただきたかったのは、
まずは、素敵な先生もいるよね~ということ、
支援の方法には、子ども自身に頑張らせることと環境整備することがあるということ、
その割合をどうするかは練習場面によること(学校、小集団療育、個別療育)
そして、学校や療育に丸投げするのではなく、保護者の方々の協力も必ず必要ということでした。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。