FC2ブログ

2012-12-15

やりがいがある仕事はどこに?

先日、就労に関する報告会に参加してきました。
発達障害がある大学生に、企業での職場体験を通して、働くことへのイメージを掴んでもらい、
職業選択や就労に活かすというプログラムの報告会でした。
その報告会のコメンテーターの1人の方が、こんなことを言われました。
「やりがいがある仕事は探しても探しても見つかりません。働いているうちに、やりがいが出てくるのです。」
私も、その通りだと思います。
やりがいとは、一生懸命やった人にだけ感じられるものです。
また、やりがいがあるかどうかは周囲の価値基準で決まることなのではなく、
本人が、そう感じるかどうかの問題ですから、働いていない段階であるかどうかはわからないのです。
もう1つ踏みこんで考えてみると、やりがいの正体は、一生懸命働いている姿そのものではないかと思います。
そういう姿を見た周りの人が、「頑張ってるな。」「いきいきしている。」「仕事が楽しそう。」と形容したことが本人に伝わった時や、
一生懸命やっていると仕事が上手くできたり、お客さまに感謝の言葉をかけられたり、新しい発見ができた時に、
仕事の内容に関わらず、やりがいを感じ、やりがいがある仕事になるのだと思います。
そんな一生懸命になれる仕事を教えてよと言われそうですが、
それは人に与えられるものなのではなく、自分が一生懸命になってみることですよね。
簡単です。
自分に合う仕事探しは大体にして、仕事があって良かったと思って働くことと思います。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる