FC2ブログ

2006-08-03

左手の仕事

先日、朝の情報番組で、こぼれにくい(中身のスープ等が)ボール皿というのが紹介されていました。
ボール皿は底が小さく不安定なので、子どもがひっくり返してしまう。
そこで登場するのが、底の部分に受け皿がくっついているボール皿(=底が大きくなるので安定が増す)。

たしかに、倒れにくい・・・

が、そもそも、なんでスープ皿が倒れるのか?
それは、左手でボール皿を支えることがないから。

ボール皿という環境を調整してあげて、こぼれないようにしてあげましょうということだと思うのですが、これだと、ますます左手は無用の長物となっていきますね。だって、倒れないから。

私なら、左手を使わざるを得ない環境にしてあげます。
冷たいアイスを入れて、テーブルをなくして、椅子に座らせて、ボール皿を左手に、スプーンを右手に持たせてあげます。
左手を外すとボール皿=アイスは落ちてしまうので、しっかり左手を使うことになります。
時々、こぼすこともあるでしょうが、そんな小さな失敗の経験を幼い頃に積んでおくことも大事です。失敗した経験がないと、失敗を超える力は身につきません。
失敗を、ただの失敗ではなく、この方法では上手くいかないんだという発見に切り替えられる力を子どもに持たせてあげたいと思います。

コメント ( 4 )件 | この記事のリンク

  • 名前:義人   投稿日時 : 2006.08.03URL
  • HPめっちゃカッコ良くなってるやん!v-405
    3日坊主にならんように更新がんばれよ~v-389
  • 名前:のいきち   投稿日時 : 2006.08.04 【URL】
  • コメントいれときますね
    のいきちです

    たしかに世の中便利グッズが多岐に渡って増えています

    ベビーグッズなんて特にそう

    私が長男を産んだ五年前に比べいまのベビーグッズは「すっげ~」と思うようなものが山盛りです

    ベビーグッズを使うのは乳幼児

    しかし選ぶのは親

    当然親目線で商品は作られているのでしょう

    たしかに汚れないこぼさないはかなり便利ではあるけれど我々親がちびの頃そんなものはなかったはず

    こぼすな~汚れる~とぐちぐち言われながらいつしかこぼさないようになっていったのです

    ボウル皿、たしかに親にとっては都合いいかもしれませんが生活の中で発達が促されるような作業を奪うのは疑問ですね

    ちびたちはまだヒトの形をした生き物です

    我々親がせっせと中身をつめて立派なヒトにしていくんだと思いますよ

    それは健常でも障害でも関係ないでしょうね

    便利なベビーグッズも一丁一短かなと思うのいきちでした

  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2006.08.08 【URL】
  • 義人さん、応援?ありがとう。
    3日坊主、厳しいな・・・
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2006.08.09 【URL】
  • のいきちさん、こんにちは。

    親目線と子ども目線、難しいところです。
    私が、セラピーを考える時にも、よく悩むところです。
    子どもの発達のためには○○したい、
    でも、親御さんの負担を考えると△△したい・・・。

    永遠の悩みなんだと思います。

    せっせと中身とつめてあげる、
    どの子どもも、私達も、そうやってヒトになってきたのでしょうね。

    お父さん、お母さん、ありがとう。


    多分ヒトになっているヒトより
  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる