FC2ブログ

2012-09-22

小学校見学

私は、発達障害があるこども達が、家族や友達と一緒の社会で生活できることを考えています。
そのために私たちが協力することもあれば、もちろん、彼らにも協力してもらうこともあります。
彼らは発達ができないのではなく、その特性のため一般的な学びかたでは理解し難いことが多いだけで、
彼らに合ったオーダーメイドの学びかたを提供すれば多くのことを学んでいけます。
そんなオーダーメイドを考える時に大事な情報の1つは、今時の学校生活がどんなものかだと思います。
私が小学生だった頃に比べれば、社会のあり方が随分変わりましたから、
当然、学校での学習内容、先生や保護者の教え方や価値観、こども達のスキルや知識、集団のあり方、
全てが異なります。
そんな今時のこども社会を知らないと、こども達にどんな処世術を教えていけばいいのかわからないですからね。
最近は、この時期(または春頃)に、多くの学校でオープンスクールなるものがあります。
一般的な参観日よりは飾られていないので、こども達のより普段の様子が観ることができます。
そこにせっせと通い情報収集にいそしんでおります。
そんな中から1つ、3年生の通常学級で面白い掲示物を見つけました。

「話す時」
 ・声の大きさや速さを考えて話す
 ・間の取り方を工夫して話す
 ・聞き手を見て話す
「聴く時」
 ・話し手を見て頷きながら聴く
 ・質問や感想を持ちながら聴く

おぉ~、私たちが、いつも療育で言っていることと同じではないですか!やっぱり大事なとこは、ここなんですよね。
しか~し、この掲示には具体的な方法が書かれていないので、私たちの出番なんですよね。
その掲示だけでわかる子もいますが、それではわからない子もいて、
でも、わからない子はできないのではなく、その説明ではわからないだけなんですよね。
そうそう、ちなみに発達障害がある人達の就労支援でも、私たちが普段やっていることと同じ!と、
思うことが数多くあります。
それらを小さい頃から積んでいれば、もっと小さな労力で学べ、本人も周りも省エネな努力ですむのだと思います。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる