FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 | この記事のリンク

2012-09-11

楽しい発表会

先週末は、こども塾の発表会でした。
何を発表したかと言うと、グリコの工場に社会見学へいった時の絵日記と、朝顔の観察日記をポスターにしたものです。
どちらも大した飾りや大人の仕込みはなく、いつもの活動の中で彼らの力で作ったものです。
集団で活動することを目的としたこのクラスで大事なことは、
立派なポスターができることではなく、集団でそのポスターを完成させるためのスキルや、
みんなで発表するために、それぞれが決められた役割をきちんとこなすスキルです。
それらのスキルは、こども達が学校だけでなく、大人になってからも就労や社会で生活するための必須スキルです。
例えば、ポスターを作る時には、それぞれが描いた絵日記を1枚の模造紙に貼るのですが、
自分はどこに貼りたいのか、また、他のメンバーはどこに貼ろうとしているのか、
同じところがいいと思えば交渉することになります。
また、貼る時に必要なテープ等の道具を人数より少なくしておくことで、
道具を独り占めするのではなく、テープを1つか2つちぎって貼りつけている間は他のメンバーに渡す、
そして、また使いたくなったら、勝手に取らずに「貸して」と、一声かけるとか。
例えば発表の際には、ポスターを持つ係と発表原稿を読む係を作ります。
(ポスターは、あえて壁等に貼らず、メンバーで持つようにしています)
原稿を読む係は、読み終わったら次の発表のこどものところに行き交代するのですが、
交代する際には、ポスターを持つ子がポスターを掴んでから、発表に行く子が手を離します。
そうすると、ポスターを落とさずに交代ができます。
上手に交代するというのは、つまり、どんな言動ができればいいのか、
その動きができるためには、相手のどんな言動を観ておけばいいのか、
上手に集団行動ができるためのソーシャルスキルを具体的な言動で教えていきます。
それぞれの活動の中には、そのようなソーシャルスキルの練習場面が数多くし仕込まれています。

そして最後に大事なことは、この発表会までの過程と発表会が成功することです。
みんなと一緒に活動して上手くいった経験が積まれれば、必ず集団を好きになります。
そのためには、緻密な活動の計画のもと、こども達の言動を予測した具体的な援助計画による練習と、
発表会当日の観客席からおこる笑顔と賞賛の言葉だと思います。
どんなに気になることがあっても、発表会が終わった後は必ず誉めます。
その頑張った練習と誉められた当日の経験が、次は、もっと頑張ろうにつながっていきます。

こども達は練習通りの発表、張り切って何度も手を挙げるクイズ大会、白熱したゲーム大会、
観客席の保護者や兄弟の皆さまからは、笑いあり、つっこみあり、
何だかとても楽しそうな発表会になりました。
こども達は、また1つ、集団って楽しい経験を積んだことと思います。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。