FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 | この記事のリンク

2012-08-11

こどものため、社会のため

先日の出張中の新幹線での光景。

3席つながっている座席に、小学校高学年ぐらいの男の子とお母さんがいました。
3席の左端にお母さんが座り、残りの2席にまたがって、男の子が横になって寝ています。
男の子の体には上着が掛けられていて(寒くないように)、その上着を時折お母さんがかけ直しています。
ここまでは、優しいお母さんの像です。
私の目に留まったのは、男の子の足元です。
男の子は、足先までしっかりシートにのっているにも関わらす、その足には靴があります。
そう、土足のまま、座席に足をのせているわけです。
自分の家の布団で同じことをしていたら、どうでしょうか。
恐らく、厳しく叱っているのではないでしょうか。
こどものことに関心がないわけではないのに(上着をかけ直してあげるぐらいだから)、
その関心は、こどもと自分達だけのためのものであり、自分達の暮らしを支えている社会には向かない。

子どもへの愛情は、自分のこどものためだけに使うのではなく、
これから子ども達の暮らしを支える社会のためにも使い、
自分の欲求を叶える(眠たいから寝る)だけでなく、
社会の中で暮らさせてもらうために協力すべきことも教えてほしいと思う。
お盆休みが近づき、帰省や旅行で公共交通機関を使われる方も多いと思いますが、
こども達には、楽しい活動と一緒に、そこでの振舞い方も教えてあげて下さい。
もちろん、定型発達の子ども達にだって、教えてあげなきゃわからないですから。


コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。