FC2ブログ

2012-06-26

冠婚葬祭

私たちがお付き合いしているご家族は、数年以上お付き合いが続く場合が殆どです。
長くお付き合いしていると、いろいろな人生の出来事があり、笑いあり涙ありの時間が少なくありません。
先日、クリニックの外来相談でお話ししていたお母さん、つい最近、叔母さんを亡くされたそうです。
叔母さんは、こどもの発達やお母さん自身の母親としての心の支えでもあったそうです。
そんな大切な叔母さんのご葬儀ではありますが、発達障害があるこども達にとっては難しい場面の1つです。
もちろん、こどもの記憶がある限りでは初めての経験。
それでもお母さんは、母子共に最もお世話になったかもしれない叔母さんの葬儀に、
こどもを連れて行かないと一生後悔するかもしれないと思い、こどもと一緒に葬儀の一部始終に参加されたそうです。
こどもに状況を説明したとしても殆ど理解できないだろうし、1時間近くもジッとしておくことは、
日常では皆無だと思いますが、何とかその場で過ごしてきたそうです。
お母さんがお話しされるには、毎日数年間、家庭でのセラピーを続けて来て、
新しい課題や難しい課題を乗り越えてきた経験があったので、私なら何とかできると思えたそうです
(私の外来では月に一度、課題の更新とやり方のチェックをしているだけで、
全ての課題を実際に教えているのはお母さんです)。
それから、亡くなられた叔母さんが、ご近所の方々に子どものことを紹介していたそうなので、
葬儀に参加した時も、周りの大人が「○○ちゃん」と、声をかけてくれ安心したそうです。

私は常々、子どもたちへの日々のセラピーで何を大事にするかについて、たまにある行事で上手く振る舞うためではなく
(そこに多くの時間を割くぐらいなら休んでもいいと思っています)、
1年の殆どである日常の生活を快適に過ごすためだと言っています。
でも実は、その積み重ねが、たまにしかないイレギュラーな出来事もこなせる力でもあって、
その力とは、こどものスキルだけなく、ご両親の自信でもあるんだなと思いました。

お母さんは、こどもと自分の事を気遣い可愛がってくれていた叔母さんが、
こういったチャレンジの機会を作ってくれたんだと思い、
また、遠い日に必ず訪れるであろう自分自身の葬儀をも想ったそうです。

コメント ( 2 )件 | この記事のリンク

  • 名前:   投稿日時 : 2012.06.28 【URL】
  • いつもお世話になっています。

    叔母の死は本当に突然でした。
    何の恩返しも出来ないまま逝ってしまったことが悔やまれて仕方ありません。
    叔母のために最後に出来ることは、息子も一緒に葬儀に参列し、きちんとお別れすることしかないと思いました。
    慣れない葬儀の場所で、最初は不安で混乱しながらも少しずつ落ち着きを取り戻し、戸惑いながらお焼香をする息子の姿を「成長したね」と叔母が見ていてくれたらいいなと思いました。


    息子の障害が分かってから、息子をどう育てていけばいいのかわからず、彷徨っていました。
    でも江口さんに出会ってからは、暗闇に一本の道を見つけたようで、ひたすらその道を親子で歩いてきました。
    結果が見えてくるまで少し時間がかかりましたが、毎月江口さんに励まして頂くことで根気強く続けていくことができました。

    こつこつ続けて成果が見えてくると、私は初めて「親」として「自信」を持つことができるようになりました。
    そして、定型発達の子に比べれば、明らかに出来ないことだらけの息子ですが、毎日一緒に頑張ってくれる息子に「誇り」を持つこともできるようになりました。

    そのおかげで、やがて私は「息子に兄弟を作ってやりたい!」という心のゆとりと、産む勇気と、育てる自信を持つことができるようになりました。
    そして一昨年、息子は「お兄ちゃん」になりました。
    弟ができ、家庭の環境が変わり、困惑することも多いですが、断然「笑い声」が増えました。

    息子を取り巻く課題はまだまだ山積みですが、今、こんな風に充実した毎日を過ごせているのは、江口さんとの出会いがあったからこそだと思っています。
    江口さんに出会わしてくれたお友達も含め、全ての出会いに感謝しています。

    山あり谷あり、これからも様々な出来事が起こると思いますが、今まで積み重ねてきたセラピーを自信にして、一歩ずつ前へ向かって親子で進んでいこうと思います。

    これからもご指導、宜しくお願いします。
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2012.06.28 【URL】
  • コメントありがとうございます。
    叔母さんのお話しを聞いている時もですが、このコメントも読んでいる時も、
    何だか目頭が熱くなるのは、年のせいでしょうか(笑)
    その人がどんな生き方をされてきたかは葬儀でわかると言いますが、
    そこに参加させる勇気と自信を持たせてくれた叔母さんは、
    生前から、お母さんとご子息に生きていく勇気と自信を教えてくれていたのでしょうね。
    葬儀に参列されたことが、最高のお礼だったのではないでしょうか。

    私が話すことは、お子様の成長の1%ぐらいの足しにはなっていると思いますが
    (そうあって欲しいのですが)
    成長の99%は、日々の生活を支えているお母さんやお父さんの積み重ねです。
    言うのは簡単ですが、実行していくのはなかなか大変なことで、
    でも、その困難を乗り越えていけるのは、他ならぬ親御さんしかないと思っています。
    自分で乗り越えられてきた日々こそが、ゆるぎない自信となり、
    積み重ねた努力は、決して裏切らないです。

    このようなお話のお陰で、私も日々セラピストとしての「自信」を積み重ねていくことができます。
    これからも、一緒に頑張っていきましょう!

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる