FC2ブログ

2012-05-19

人らしく

私が療育をし始めた10年ぐらい前からみていた、現在、6年生のなる男の子がいます。
2歳過ぎて間もない頃に出会ったのですが、当初は、全く話さないどころか1日中声も出さない、
人に対して寄ってくるとか目が合うことはなく、何時間も部屋の隅で1人、おもちゃを眺めているような子でした。
そんな彼への数年に及ぶ療育は、本人もですが、お母さんも心が折れそうな日が多々あったと思いますが、
何とか毎日の家庭での療育を続け、小集団の療育にも参加して、小学校に入学されました。
小学校に入ってからも、いろいろなことがありましたが、初めて会った頃には想像もできないほどに、
人らしく育ってくれました。

先日のお母さんのメールから、ある日、お友達が、
「何で○○君はこのゲームできないの!(わからないのという意味)」
と、○○君に怒る場面をみて、思わすお母さんが、
「○○君、自閉症で分かりにくいから」と、言ったところ、
それを聴いていた○○君本人が、
「あれ?お母さんは、オレを自閉症を思って育てが覚えはないって、この前言ってたやん!」
(本人には、告知をしています)
と、言い返してきたそうです。
お母さんとしては、あまりに責められているのがたまらず、かばって説明したつもりだそうですが、
○○君なりに、自閉症ではあるけど、それを言い訳にすることに違和感があったのかもしれません。

また、意地悪を言われたり、理不尽なことも受けて悩んでいることもあるようですが、
「○○は、江口先生と練習して、思いやりができるようになったね~」と、お母さんが話し、
「そっか~」と、笑顔で応えてくれる場面もあるようです。

そんな彼が、トランプで作っていたそうですが、こんなことが言える子に育ってくれて本当に嬉しいです。



これから思春期に入り、自分でも嫌になることがあったり、周りから厳しいことを言われたり、
本当にいろいろあると思うのですが、わずかでもいいので人らしい部分を守りながら、
人として、生きていってほしいと思います。
そして、大人になった○○君と再会することを楽しみにしています。

コメント ( 2 )件 | この記事のリンク

  • 名前:ルの母   投稿日時 : 2012.05.23 【URL】
  • うちの子は先生とお会いして、まだ1年ですが、とっても変わりました。
    これからも少しずつ 人らしくなって貰える事を楽しみに頑張ります!
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2012.05.23 【URL】
  • ルの母さん、コメントありがとうございます。
    お母さんが、こどもの変化を気付いていただけると、
    私たちも嬉しいですし、お子様は、もっと嬉しいですよね!
    こども達は、私たちと違って(笑)、まだまだ成長しますから頑張りましょう!!!
  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる