FC2ブログ

2006-10-06

プロフェッショナル

プロフェッショナル

NHK木曜22時から、「プロフェッショナル」という番組があります。
ほぼ全てをDVDに保存して時々見返すぐらい大好きで、毎回、涙して見ております。
毎回、いろんな業界のプロフェッショナルを追うのですが、今週は、広告やCM撮影をしているカメラマンの上田義彦さんという方でした。

いろんな業界の人が出てくるので、それぞれの技術や問題は異なってくるのですが、突き詰めていったところは非常に似ていると思うのです。

上田さんは、被写体を人で撮影することがほとんどで、その姿は「サムライの真剣勝負」と表現されていました。この方向でいこうと決めたら、後は自分を信じて、ただただ、その瞬間が来ることを待ちます。ここに、被写体との真剣勝負が始まります。そして、その瞬間が来たときにシャッターを切る、すると、写真に「命を宿らせる」ことができるそうです。

私たちセラピストも同じようなことを感じます。お子さんと向き合う時、それは、いつも真剣勝負なんです。何度も何度も、「これ以上無理かも・・・」と思いながらも、これまでに試行錯誤してきた子どもと自分を信じて待ちます。いろ~んな仕掛けをして待ちます。すると、「きた!」と思う瞬間があるのです。この瞬間にセラピーは、「命が宿った」、に変わります。

セラピーができるかできないか、それは、どれだけ子どもと真剣に向き合えるかにかかっているような気がします。


コメント ( 1 )件 | この記事のリンク

  • 名前:   投稿日時 : 2006.10.06 【】
  • このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる