FC2ブログ

2006-10-02

大人の思いと子どもの思い

テレビで戸塚ヨットスクールの取材番組がありました。
そこに入所しているお子さんやお子さんを預ける親御さんのインタビュー。

ある親御さんが言います。
「非行はない。学校も行っている。でも、気力がない。できることなら自分が教育したいが物理的に時間がない、もっと幼い頃に関わっていれば良かったのかもしれないが・・・親として、子どもを他人に任せことは辛い。けど、今、できる限りのことをしてあげたい。」
あるお子さんが言います。
「ここいることで僕は成長するかもしれない。けど、親と僕の関係は何も変わらない。」
別のお子さんが言います。
「僕をなぜここに入れたのか、僕の親に聞いてくれませんか。」
(番組を途中から見たので定かではありませんが、最初の親御さんとお子さん達は別の親子です)

そこでの教育のあり方や、そこに出てくる親子関係をとやかく言う気はありません。
ただ、何か見ているとこが違いすぎているような気がするのです。
どこかに行こうとしているとき、その人が何に困っているのか。
目的地がわからないのか、道順がわからないか、道順はわかっているけど電車賃がないのか・・・

子ども達の多くは目的地がわからないのだと思うのです。
でも、大人の多くは、勝手に目的地を決めて、道順を決めて、電車賃をあげてしまう。
目的地まで決まっていればまだしも、道順だけ決めて、お金渡して、道が行き止まりになったら、もう大人だからそこからは自分で考えろと。

そんなアホなこと・・・

発達障害があるお子さんを教えていると、皆さん経験があることだと思うのですが、
次から次へと教えなければならないことが出てきます。
1つできるようになったことが増えた故に、また新たな問題がでてきます。
親御さんにとっては、一難去ってまた一難という感じだと思うのですが、
私は、それは嬉しいことだと思います。
また、新たなことを学習できる準備ができた、発達したということだと思うのです。
問題が出てきたことを良かった~と笑える余裕を。


コメント ( 2 )件 | この記事のリンク

  • 名前:りーり   投稿日時 : 2006.10.04 【URL】
  • >問題が出てきたことを良かった~と笑える余裕を。

    ↑この余裕まるでなくて、目から鱗でした。

    教えても教えても課題は次々あって、周りの健常の子は
    その何倍ものスピードで成長して行く・・・。
    潰しても潰しても新しい問題行動が出てくる・・・。

    こんな日はいつまで続くんだろうと途方に暮れる事もあります。

    でも、言われてみれば成長しているからこその悩みですね。
    療育を始める前は、どう生きて行けばよいのか分からなくて
    悩んでいたのだから、親の悩みも成長していますね~。

    うん。なんだか元気になってきた!(単純・・・)
    明日もがんばりま~すv-266

  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2006.10.06 【URL】
  • りーりさん、こんにちは。

    最近、幼稚園や小学校のお子さんをみていて思うのですが、
    表面的にはすご~いスピードで成長しています。
    が、中身がついていかない・・・
    その結果が、成人した時に出ているのではないかな~と。

    スローライフもいいのかな・・・と。
  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる