FC2ブログ

2011-11-02

お母さん達のおしゃべり in キャンプ

秋のキャンプでは、私は、お母さんたちと一緒に行動します。
こども達と同じ敷地内のホテルに宿泊しますが、こども達には内緒です。

お母さん達の行程は、こども達を見送った後、まずは買出しです。
翌日のバーベキューの食材と今晩の宴会の買出しです。
宴会買出しチームの皆さんにお金が入った封筒を手渡しますと、
毎年、とてもテンション上がって買出しにいかれます。
「このお金で好きなだけお菓子買ってきていいよ~」と、こどもに渡しているようです(笑)。
値段を気にせず買物するって、何だかすっきりしますもんね~
それから荷物を持って、いざ、ホテルへ。
この移動の時からおしゃべりは全開です。
バスで神戸市内を何周もできそうなぐらい、話はつきません。
ホテルについたら、ちょこっとだけ勉強をしていただきます。
毎年、お話しするのは、こども達が通う学校の先生たちとどのように協力していくのか、
大人になるまでに教えることは社会性や言葉だけでなく、ライフスキル(日常生活スキル)も大切であること、
通常学級に入れれば、大学に入れればいいのではなく、そこで、何を学ぶのか、
そういった考え方をして下さいと、普段は、余りお話する機会がないことをお話しします。
そして、まだ日が暮れないうちに、温泉にゆっくりつかっていただき、いよいよ宴会です。
19時ぐらいから宴会場で食事をいただき、部屋に戻ってからは2次会。
2次会の途中には、今日のこども達の様子をビデオで見ながら、笑いあり、苦笑いありで盛り上がります。
今年も、2次会の終了は、2時を過ぎていたと思いますが、
私が終わりの合図をかけなければ、朝日が昇るまで話し続けていられたでしょう…
そして翌朝、朝食から、おしゃべりは再開です。
お昼のバーベキューの準備をする時だって、バーベキューを食べている時だって、
片時も、おしゃべりを忘れることはありません。
見知らぬお母さん達と一緒に寝泊まりするなんて、ちょっと抵抗があるかもしれません。
私も、部屋割する時には、とても悩みますが、
でも、いざ顔を合わせてみれば、話はどんどん盛り上がっていかれるようですね。
同級生のお母さんや、ご近所や職場の人には話せないことも、ここでは話せますもんね。
私は、こういうお母さん同士のつながり、夜の宴会が、とても有意義なことと思います。
すぐに役立つ情報や解決策がなかったとしても、共有してもらえる人に話したり、人の話を聞くことで、
自分の考えを整理したり、間違っていなかったと確認できたり、タフに生きていくために必要なことがあります。

キャンプから帰ってからいただくメールには、
療育していた先輩お母さんの話が聞けて良かった、
いろいろな考え方を聞けて良かった、
私に普段、聞きたいと思っていたことが聞けて良かった(いつも忙しそうに見えるようです)とか、
いろいろな感想をいただきました。
私も、皆さんのいろいろは話を聞けて、とても楽しかったです。
また来年も、皆さんと宴を繰りひろげられることを楽しみにしております。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる