FC2ブログ

2011-05-14

やる気があるって…

クリニックに相談にいらしているお母さんから聞いた話。
お子さんが、特別支援学級に在籍しています。
その支援級の担任の先生が家庭訪問に来た時に、
この一年でどんなことを目標にされてますかと聞かれたそうです。
初めての環境で、知らない人、場所、活動がいっばいなので、
この一年は、その環境に慣れることが、まずは目標かと思いますと応えたところ、
学校は学習の場ですから(それじゃあ、学校に何しにくるんだと言わんばかりに)と、言われたので、
それじゃあと考え、ひらがなが読めて、5ぐらいまでの数の概念がわかって…と、
私が聞いても、お子様の発達をよく理解された上でのコメントをされた。
もちろん、それより大事な社会性に関する課題等は、既に述べた上でのことだ。
この至極まっとうな応答に対して返ってきた言葉は、

「(苦笑)本人にやる気がないのに教えられないです。」

教員やめろと言いたい。
何を勘違いしているのか、そのやる気を引き出すのが教員の仕事じゃないのか。
やる気がある子に指導要領通りにやって、できるようになったのを教えたとでも思っているのでしょうか。
それは教えたのではなく、こどもが勝手に学んでくれただけなのだ。
もちろん、そういうやる気がある子には、それ以上、手出だししないほうが、
こどものためでもあるでしょう。
でも、それが教育のすべてではない。
自分の能力のなさと、こどもの力を間違わないでいただきたい。
支援学級は、試練学級とでも看板掛け替えたらどうかしら。

こんな話を聞くと、一週間はブツブツ文句を言いたくなるのが私だが、
お母さんは偉かった。
余りにもヒドイ話(これ以外にも、人権侵害かと思うようなコメント満載だったので)に、数日、泣き暮れた後、
どうなっているのか事実を確認して、もう一度、話をし直そうと思い直し、
クラスをみに行ったそうです。
そこで見た光景は、余りにもハチャメチャな教え方で、
こどもに何一つ伝えることができていない先生の姿。
それを見た瞬間、先生は、どうすればいいかわからなかったから、あんな話になったんだ、
一つ一つ、やり方を教えれば何とかなるかもと、思い直されたそうです。
素晴らしい。
そのように考えられる人を、本来、教員と言います。

ちなみに、こちらのお母さんとお子さんは、お母さんの様々な工夫と根気のお陰で、
毎日、子どもからやろうと伝えてくるぐらい楽しい学びをつくられています。
私と一緒に療育を考えはじめて、たった数年でできるようになったことが、
数十年間、教員やっていてできないとは、
こども達への指導要領の前に、教員への指導要領を考え直したほうがいいと思う。

最後に、また、ブツブツ言ってしまった…

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる