FC2ブログ

2011-02-02

心を読む小学生

仕事の移動中、下校中の小学生を見かけました。
歩道を歩いている私の前に、横に2人並んで歩いている男の子、そのすぐ前に3人並んで歩いてる男の子達がいました。
小学2年か3年ぐらいの男子5人です。
私は急いでいたので、その子ども達を抜かしていこうと思っていのですが、
彼らが横に並んで歩くと、ちょうどガードレールがある歩道の道幅になり、ちょっと追い越しにくく、
彼らの真後ろにいながら、タイミングを見計らっていました。
すると、後ろ側の2人のうち1人の男の子が、私の方を2度振り返った後、
すっと横によけて(私が通れるように)、さらに、前の3人組の1人に、
「たく(3人組の1人の名前)、人が通るで。」と、よけるように促してくれるではありませんか!

なんてステキな男子でしょう。

私は何も言っていないのに、彼は、私の意図をどうしてわかったのでしょう。
恐らく、自分達より速い足音(ヒールがあるブーツだったので余計に響いたでしょう)と、
それが自分の真後ろで聞こえたことで私の存在に気付き振り返り、
また、こども達の少し前の方を覗きこむ私の視線や体の動きを見て、
この人は急いでいる、僕たちを抜かしたいと思っていると推察したのでしょうね。
こういうのが非言語コミュケーションを読む、他者理解や空気を読むと言います。

人と人とのコミュニケーションがうまくいくために大事なのは、音声で発する言葉の理解ではなく、
非言語コミュニケーションで表わされる、感情や意図をいかに読み取るかにかかっています。
それができる人と過ごすと、どんな活動でも、とても気持ちよく過ごせます。
こども達に教えるべき最初のコミュニケーションは、間違いなく、非言語コミュニケーションのスキルです。

そうそう、モテル人は、男子も女子も、決してベラベラしゃべらなくて、
視線とか仕草が男前だったり、美しかったりするんですよね。
小学生ながら、それを身につけている彼は、きっとモテル男子になるでしょう。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる