FC2ブログ

2010-04-22

何回…

電車のシートに座っていると、時々、幼稚園児ぐらいの子供たちが隣に座ってきます。
大人が座る場合は、シートに背を向けて、そのままお尻をつけば座れますが、
幼児の場合は、シートに向き合って手をついて這い上がり、それから体の向きを変えて座ります。
背を向けてお尻をつけるには、背が低くてお尻が座面に届かないからですよね。
そこで気になるのが、シートに這い上がって向きを変える時なんですが、
反動をつけて向きを変えるので、こどもの足は左右に大きくふれます。
つまり、隣に座っている人がいると必ず、こどもの足が隣の人に当たる仕組みになっています。
そして、当たると必ず「コラッ、足当たったでしょ!ごめんなさいは!」と、
親御さんに怒られるシナリオになっています。
隣に座っていた人が私のようなこわ~いお姉さんだと、
「当たったでしょ。ごめんなさいは?」と、お姉さんに言われるシナリオにもなります。

こわ~いお姉さんとして最も言いたいことは、こどもが無駄に怒られる機会を作るなということです。
こどもの体の大きさからして、この場面では絶対に足が隣の人に当たるのです。
それを回避させるためには、こどもに立たしておくか(座らなければ当たらないので)、
こどもが座るときには、親御さんが抱えて座らせるかなんですよね。
「いっつも言ってるでしょ!」とか、「何回言ったらわかるの?」と言うその人に、
「何回怒ったら、わかるの?」と、私は言いたい。


コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる