FC2ブログ

2010-04-09

新しい環境   先生・療育者編

さて、前回のブログで、子ども達と保護者のことについて少し書きましたが、先生達はどうでしょうか。
先生達だって、同じです。
何をかくそう、うちのスタッフだって同じなんです。
職場には、スタッフの入れ替わりがあり、さらにクライアントの入れ替わりがあります。
プロだって人間なんだから、新しいスタッフや子ども達との出合いに何も感じないわけがない。
だからドキドキするのは当たり前なんだけど、そのまま動いていたんでは、お給料もらえません。
ドキドキしている相手にドキドキしたまま接したら、ドキドキの相乗効果、
恋しているんじゃないんだから、そんな相乗効果はいらない。
では、どうやったらドキドキが抑えられるのか、それはドキドキしていない時の行動の取り方に徹します。
たとえば、話す時にはゆっくり、小さめの声で(大きな声ではなく)、にっこりしながらとか、
ドキドキしている相手につられて、せかせか動かないことです。
そうそう、ドキドキしやすい人は、日常も気をつけたほうがいいですよね。
ただでさえ新しいことだらけなのに、新しい習い事を始めたり、はりきって徹夜で仕事してみたり、
新しいことは一時期の興奮をもたらし、なんだかワクワクしますが、
それは麻薬みたいなもので、覚めた時には、どっと疲れがでてきます。
多くの人は、恒常であることに安心し、安定するのだと思います。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる