FC2ブログ

2009-12-20

クリスマス会とシュトーレン

街は、クリスマスムードでいっぱいですね。

昨日は、スクールトライアルのクリスマス会でした。
スクール生の子ども達だけでなく、そのお兄ちゃんやお姉ちゃんも一緒に、
飾り付けをしてから、歌ったり、ゲームをしたり、
最大のプログラムは、もちろんサンタさんからのプレゼント!
サンタさんを呼び込むために歌は、いつになく大声だったような…
サンタクロースは架空の人物ってわかっているお兄ちゃん達も、
スクール生ハイジちゃんのお父さんが扮するサンタクロースに、何だかワクワク顔
サンタさんからのプレゼントを見せ合いっこする子ども達の姿に、私も何だかワクワク

そうそう、お父さんがサンタさんになっていたハイジちゃんは、
「パパだよね」を、スタッフに、お父さんご本人に、お母さんに、
「ちがうよ、あれはサンタさんやで。」と、返され続け、腑に落ちない顔。

そんな色んなことがありながら、今年のスクールトライアルも無事に終わり、事務所に戻ったところ、
私たちへのクリスマスプレゼントが届いておりました。

20091220143744

クリスマスのお菓子と言えば、シュトーレン。
NPO法人ゆづるは パン工房こすも さんからのプレゼントでした。
http://npoyuduruha.blog38.fc2.com/

私が愛するコーヒーと一緒に送られてきたシュトーレンを、
今年一年頑張ったご褒美に(笑)、スタッフとともにいただきました。
ナッツやフルーツぎっしり、少ししっとりしていて、本当に美味しいシュトーレンでした。
パン工房こすもの皆さん、今年も美味しいお菓子を本当にありがとうございました。




コメント ( 2 )件 | この記事のリンク

  • 名前:鬼理事長   投稿日時 : 2009.12.24URL
  • 美味しく召し上がっていただけた様で何よりです。

    このシュトレーンには
    もう一つの物語があります。

    4年前、発達障害者専門施設の作業所に
    ひとりの青年が通っていましたが
    一日の作業時間が4時間のうち
    作業している時間が30分満たない状態で
    他の利用者や指導員と
    トラブルも多く暴力を振るってしまう
    青年でした。

    4年前の9月末に
    親御さんより相談を受け
    お預かりする事となりましたが
    2年間以上、作業所で気ままに過ごし
    ゴロゴロ寝転がっていた青年を
    作業がしたくなるよう支援する事から始まりました。

    青年は、手先が器用で
    ワークシステムの理解もあり
    能力的には高いのですが
    コミュニケーション能力が著しく低く
    会話での理解が難しく
    会話も本人の好む返答が返ってこないと
    混乱し暴力に至る状態・・・

    そこで、母親からの情報で
    中学時代に切り絵に没頭し
    落ち着いていた時期があったが
    担任の先生が変わると
    大好きな切り絵の時間が無くなってしまったとの事。

    ならば、贈答に使うカードやプレートを
    作業に導入して見ることにしました。

    大当たりでした!
    一日、30分しか集中できなかったなんて
    信じられないくらいの作業集中力。

    切り絵の導入で、7時間の作業に従事するのです。
    そんなエピソードがシュトレーンにあり、作品がヒイラギの葉でした。
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2009.12.25URL
  • > 鬼理事長さん、コメントありがとうございます。
    > いや、本当においしかったんですよ~
    >
    > とてもステキなヒイラギ、置いてありますよ~
    > 最近、もったいないおばさんの私は、
    > (スタッフは、紙一枚で怒られています…)
    > このヒイラギは、来年のクリスマスのお飾りにしましょうと企んでました。
  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる