FC2ブログ

2009-12-05

保育士さんの力

10~12月にかけて、神戸市内の保育園で、保育士さん向けに連続講座をさせていただきました。
最初は、発達障害がある子ども達にコミュニケーションや遊びを教える方法から始め、
その後は、園に通う子ども達の発達課題を考え、課題を解決する方法を考え、
さらには実行して評価するという流れを一緒に行いました。
後半の課題を考えるところからは、1週間に1度という忙しいスケジュールではありましたが、
皆さん、私が出した宿題をこなし(課題や方法を考えてもらいました)、
それを実践し(きちんとビデオ撮影もしていただきました)、
その実践からの評価まで行え、本当に素晴らしい講座となりました。
通常の業務をこなしがら、慣れない宿題をやり遂げることは、本当に大変だったと思います。

ここの園の保育士の方々は、子ども達のことをよく知っておられます。
私が日々の子どもの様子を質問すれば、ほとんどの具体的な場面として返事が返ってきます。
子ども達を把握しているということが、非常に強みです。
保育士さん1人に子ども数人にという恵まれた環境もさることながら、
子どもは一人一人違い、その子どもに合った保育を考えていくという視点があってのことでしょう。
もちろん、発達障害がある子ども達だけでなく、定型発達の子ども達にとっても、
特に幼児期においては大事な視点であるはずです。
人をみることを業としたオーナーの考えが行き届いております。

この数か月で学ばれたことは、これから保育をしてく上でとても大事なスキルであると同時に、
皆さんの風通しがいいミーティングを続けていかれれば、いい成果となると思います。
また、年明けに園にいくことを楽しみにしております。

コメント ( 1 )件 | この記事のリンク

  • 名前:   投稿日時 : 2011.09.15 【】
  • このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる