FC2ブログ

2009-11-22

働く人に求められること

昨日は、障害がある人たちの就労支援をしている、
セットパワード・アソシエイツhttp://setpowered.net/ さんのセミナーで、お話をさせていただきました。
私以外にもう一人の講師、障害者専門の就労支援をしているテスコプレミアムサーチ株式会社http://www.tesco-premium.co.jp/ の代表、石井京子さんがお話をされました。

企業が求める人材とは、「コミュニケーション能力がある、まわりと協調できる人」だそうです。
発達障害がある人たちにとっては、何て不利な条件と思いながらも、
私も、経営者という立場で考えると至極納得できる内容です。
仕事をする上で、その仕事を1から10まで一人で完璧にこなし続けられる人はいないでしょう。
それでも買ってもらえる商品を作り出していくためには、
周りの人間と、それは社内でも社外でも、力を分け合いながら完成させるしかありません。
また、多様な考え方を持つ人たちが集まるからこそ、商品は磨き上げられていくのですが、
その多様な考え方が同じ方向に向かって発揮させられるためには、
コミュニケーションを図るということが必要不可欠なわけです。

子ども達に療育をする意義、それは、大人になってからも、
社会で能動的に生きていけるための力をつけることに尽きると思っています。
発達障害がある子ども達にとって、その力をつけることは大きな課題であるかもしれませんが、
できないことではありません。大人になるまで、時間はたっぷりあります。
難しいことにチャレンジすることは、その難しさの分、人を成長させます。
その成長分、何にも変え難い達成感があります。
こんなチャレンジに恵まれてラッキーだとはいいませんが(だって、大変ですから)、
そういうチャレンジに出会ったことを使命だと思い、与えられた環境の中で最善を尽くしていきましょう!

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる