FC2ブログ

2009-10-09

悪いのはどっち

あるお母様から、こんな話を聞きました。
授業中にいつも騒いでいる児童がいて、先生が、その児童を叱ったところ、
その児童の保護者が、「うちの子ばかり叱る」と、学校に文句を言いにきて少し騒ぎになったそうです。
その時、学校の校長先生は、「子どもが授業を聞かないのは、子どもが悪いのではない。子どもが聞きたくなるような楽しい授業を作れていないのがいけない。」と、おっしゃったそうです。
でも、この話をしてくれたお母さんは、「この先生は、とてもいい先生なんです。授業を聞かない子どものほうにも問題があると思うんです。」と、言われました。

こういうお話、保護者の立場からも、先生の立場からも聞きます。
どちらが悪いのか?どうすれば解決するのでしょうか?
まず、先生は、それをサービスとしてお給料をもらっているのですから、
当然、授業に対しての惜しまぬ努力が必要です。
そして、そのお給料は、単に授業をすることに払われているのではなく、
子ども達が授業を聴き、理解することに払われているはずなので、
そうなるように工夫を重ねていかなければなりません。
そして、子ども達といいますか、保護者の方々にも歩み寄りが必要だと思います。
こっちはお金払っているお客様なんだからって言われるかもしれませんが、
お客様だからって何やってもいいわけじゃない。立派なお客様になってもらわなければ。
お子様には、先生が授業しやすいような態度、大人に言われたことを聞く姿勢はできているでしょうか。
お家で、お父さんやお母さんに言われたことを聞き入れる、守ることができているでしょうか。
それができていないとしたら(努力もされてないとしたら)、
子ども側、つまり、保護者の方々にも原因があると言わざるをえません。
子ども達に聴く姿勢ができ、先生が授業をやり易い状況だと、
先生は、より多くのことを子ども達に教えることができ、子ども達にとってもメリットなはずです。

どちらが悪いって、どちらが一方ではないんですよね。
授業とはいえ、これもコミュニケーションの1つなんですから、良くも悪くも相互作用。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる