FC2ブログ

2009-01-23

スクールトライアル

年明けから2回ほど、スタッフの竹本がお休みだったので、ピンチヒッターに入りました。
ちょっとドキドキ・・・なんせ、スクール担当の寺口のプログラムはとても細かい。
それぞれの授業において、それぞれの子供ごとに課題設定から手助けの仕方まで、
声かけの言葉や回数、動きとの取り方まで決まっています。
それをスタッフは詳細に覚えて、担当の子どものことはもちろん、
遊びの場面なんかでは、みんなで活動するので、他の子どものことも把握して臨みます。
仕事には厳しい鬼社長の手前、「ピンチヒッターだから・・・」なんて、甘えたことは言っていられません。
とはいえ、年のせいか、短期記憶にはかなり自信がなくなっている今日この頃・・・時間かけて覚えるしかない。
移動時の電車の中、試験前の学生のように、当日の詳細をブツブツ覚えていきます。
(たった2時間半程度のプログラムに、A4用紙に8ポイントぐらいの字でビッシリ6枚分ぐらいはある・・・)
毎週こんなにたくさん覚えこむうちのスタッフ、もちろん毎日2~3件のセラピーもこなしながら、
あ~なんて素晴らしい・・・と、改めて感心してみたりして、いやいや、私もぬかりなきようにせねば。

土曜日の朝、子どもたちがわさわさやって来る。
どの子も画面で見てはいるものの絡むのは初めてに近く、私自身、直接子どもに関わることも久しぶりだったので、
ちょっとドキドキだったのですが、すぐに忘れていましたね~
2回目には、寺口のプログラムを忘れて(ごめん・・・)、休み時間の動きをちょっと変えてみたりして・・・
あ~、子どもと関わるのはやっぱり面白くて、そしてかわいい。

ここにくるまでの準備は本当に大変で、もちろん上手くいかないことも多々あるのですが、
それが帳消しできて、ちょっとプラスに傾くぐらい、子どもの一言・一動作が面白くて、かわいい。
うちのスタッフも、毎晩夜中までビデオ見て練りに練ってセラピーの臨んでも、子どもにふられ、私に怒られ、
それでもこの仕事を続けてきているのは、まさに、子ども達が面白くて、かわいいからでしょう。

あと2ヶ月ほどで卒業していく今年の年長さん達、スタッフもラストスパートをかけ始めることでしょう。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる