FC2ブログ

2006-08-29

やってみよう!

昨日、ある地域の親御さんの勉強会に伺いました。

皆さん、どんなふうにお子さんを教えていけばいいのか、
迷われていたようです。

私は、あるお子さんのセラピーのビデオを見て、
お子さんのが一番表情がいい場面、
「ここが一番いいので、このスタイルで伸ばしましょう」
といったコメントをしました。

これまで、そのお子さんのお母さんは、
そのスタイルは単に楽しいだけで、専門家にかかると、
もっと、きちんとした教え方があるのではと、
迷われていたそうなんですが、
今回の勉強会で、それがすっきりとされたようです。

思うのですが、セラピーは、本来は楽しいもんなんです。
もちろん、厳しい場面もあります。
子どもが、やってはいけないことをした時は、
それは、やってはいけないと厳しい態度で教えます。
が、全体的には楽しいもんなんです。
子どもにとっても、セラピストにとっても。

人生、楽しくです。

コメント ( 4 )件 | この記事のリンク

  • 名前:Mマミィー   投稿日時 : 2006.08.29 【URL】
  • 本当ですよね~。
    楽しくなければセラピーじゃない!と
    セラピーを始めた当初は思っていました。
    勿論いまでもです。

    動作模倣もずっと面白動作模倣をしていました。
    「がちょ~ん」
    「コマネチ」
    「かい~の~」
    なんて、ギャグが古過ぎて歳がばれそうです。
  • 名前:   投稿日時 : 2006.08.30 【】
  • このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 名前:パワー全快   投稿日時 : 2006.08.30 【URL】
  • 「がちょ~ん」にも似ていますので登場・・・・

    散歩中、母本人がただ単に、ピンクレディーの
    “ウォンデット”が歌いたくなり、歌って散歩を進めていました
    年齢は詮索しないでください(笑)

    すると“ウォンデット”にやたらと反応して笑う息子

    調子にのる母は、振り付けまで教えちゃいました
    言葉に反応するし、振り付けに反応する息子。
    楽しげな顔が見れて、幸せを感じる母でした。
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2006.08.31 【URL】
  • 私は、ミーちゃん派でした。
  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる