FC2ブログ

2008-07-18

うん・ううん

日常では、とてもよく使う言葉です。
「ご飯食べた?」「うん。」
「お茶飲む?」「ううん、今いいわ。」
「DSする?」「うん。」
「それって携帯?」「ううん、デジカメ」

発達障害がある子どもたちは、どうでしょうか?
「ご飯たべた?」「ご飯食べた」
「お茶飲む?」「お茶飲まない」
「DSする?」「DSする」
「それって携帯?」「デジカメ」

どちらも、子どもの気持ちとその表現(Yesか、Noか)は合っています。
でも、何かへんでしょ?
質問者からの質問に応えている(イントラ)か、自分の状況を述べている(タクト)かの違いなんです。
つまり、前者の場合は、質問者かの質問に対して、まず、「うん・ううん」で応えていて、
それに補足があれば、「今いいわ」とか「デジカメ」という言葉を足しています。
それに対して後者は、質問者の質問に応えずに、その状況(デジカメ・ご飯食べた)や、
その状況での自分の思い(お茶飲まない・DSする)を言っているのです。
もちろん、このままでも、それなりに意図は通じます。
ちょっと違和感はあるけれど、それも質問者が気にしなければ余り支障はありません。
ですが、これらが表していることの重大さとは、相手の言葉を聞き、
相手に合わすことができないということなので、人との関係上ではとても厄介で、
どれだけ高機能であっても対人関係でつまずく要因のひとつなわけです。

言葉を修正していくということは(これだけではありませんが)、対人関係をつくっていくことでもあります。

コメント ( 1 )件 | この記事のリンク

  • 名前:   投稿日時 : 2008.07.20 【】
  • このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる