FC2ブログ

2008-06-16

学生さんからのアンケート

先日の大学での講義の後、学生さん達から講義の感想を頂きました。
4割ぐらいの感想に、
「発達障害が先天性のものとは知らなかった(育ち方等の環境から起こると思っていた)」、
「こんなに多くいるとは知らなかった(データでは6%ぐらい、経験的には1割ぐらいと言っています)」
「診察だけで数年待ち、療育となると更に待たないといけないぐらい専門機関が少ないとは思わなかった」
と、いうことが書いてありました。
発達障害という名前は知られていても、その実態は伝わっていないことが多く、
まだまだ社会にしってもらうための機会は必要なんだなと思いました。
次いで、「幼児期の適切な教育での変化は大きい」と感じてもらった意見も多かったので、
発達障害を取り巻く環境が周知されていき、同時に適切な教育の効果も知ってもらえれば、
少し生活しやすい社会に変わるかなと、あわ~い期待をよせています。

それから、もう1つ、とても考えさせられる感想を頂きました。
その学生さんは、ある日、夜の10時ぐらいに地べたに座り込んで、
カップ麺をすすっている5~6歳の子どもを見かけたそうです。
こんなに夜遅くに一人でカップ麺をすすらなければならない子どもと、
発達障害があっても、障害を持ちながらも家族全体に見守られ成長発達する子ども、
どっちが幸せなんだろうと考えてしまいましたというものでした。

私が関わっている子ども達の多くは、この難しい環境のなかにおいても、
親御さんに、その子にとってよりいい発達を考えて育児・教育をしてもらっています。
結果として、子どもの発達状態や学校等の集団生活のうまくいき具合は異なってきますが、
大事なのは、その過程にあるように思います。
子どもにとって、親御さんができる精一杯のことを尽くしてもらった結果は、
どのようなものであったとしても、幸せだと思います。

コメント ( 2 )件 | この記事のリンク

  • 名前:ニャンママ   投稿日時 : 2008.06.16 【URL】
  • 最後の一文、身にしみます。精一杯のことを尽くしてはやれてないなあ。という気持ちとできる範囲では尽くしてやれているかという自負と・・・
    少なくともこんなに両親に愛されているわが子はカップラーメンの子より幸せに違いないと・・・・

    5時間のシャドー(3年生にしてやっと2回目)についてくたくたになったニャンママでした。
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2008.06.19 【URL】
  • ニャンママさん、こんにちは。

    最後の一文が身にしみるぐらいですから、
    精一杯考えて動かれているのだと思いますよ~
    両親自体がこんなに愛していると言い切れるのですから、
    お子さんは、間違いなく愛されているのでしょう!

    そうそう、シャドーは本当に疲れますよね。
    楽しいんですけど、子どものパワーと上手くかみ合わない先生とのやり取りで、
    疲れは倍増します・・・
  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる