FC2ブログ

2008-05-14

子どもの楽しみ

GW前後のニュース。
毎年お決まりのように、飛行場で海外旅行に出発する家族連れの様子がテレビに映ります。
まだ小学校に行くか行かないかの年齢の子どもたちが、スーツケースと一緒に意気揚々と映っています。
が、子どもたちは、本当に海外旅行に行きたいのでしょうか?
子どもは好奇心の塊なので、そりゃいつもと違う状況に興奮していることでしょう。
でも、それは、珍しいことなだけであって、楽しいことではないのです。
海外旅行に行って子どもが楽しんでいるとしたら、それは、海外に来たからではなく、
海外に来たことでテンションが上がっている親御さんが、普段以上にかまってくれるからのはず。
仮に、親御さんにかまってもらうことよりも、海外に行くことのほうが楽しいというならば、
それはそれで、非常にマズイ信号だと思わなくちゃいけない。
子どもは、海外に行きたいのではなく、かまってほしいだけなんですよね。
子どものうちに色んなことを体感させたい・・・ってのも、わからなくはないです。
が、しか~し、そもそも、日本のこともよくわかっていない子どもが、
それとは違う海外を感じて楽しむってありえない。
幼児期の子どもにとって大事なことは、大きく多すぎる刺激にさらして興奮させ続けることではなく、
身近な人や物に繰り返し触れさせ、吟味させ、それらを確固たるものとして知る安定感ではないでしょうか。
100歩譲って、子どもが海外旅行に行くことそのものが楽しかったとしても、
例えば、ハワイに行くまでの8時間の飛行機、子どもが周りに迷惑かけずに過ごせるだろうか
(大人でも怪しい人がいるけど・・・)。
それまでに1日中、大人しく椅子に座り続ける特訓でもしていれば別ですが、普通はできない。
できないってことは、周りの人たちに迷惑をかける、そうまでして海外に行くっていうことは、
自分の楽しみのためなら、周りに迷惑かけてもかまわないってことを教えているわけです。
そんな親御さんに限って、「うちの子は他人の気持ちがわからない」なんてことを言ったりします。
誰が教えたんだか。

私は、この会社を創るまでは、国内外問わず年に何度も旅行に行っていました。
でも、2003年に設立して以来、海外は一度も行っていないし国内も数えるほど。
我慢・・・なわけです。
(もちろん、それとは違う楽しさがあるんで、欲張らずに1つずつ楽しんでいるわけです)
私がたかだか会社のためにできることを、大事な子どものためにできないものだろうか。
「今のうちに行っておかないと、子どもが大きくなって受験にでもなれば行けないもんね~」
なんて言葉も聞きますが、おいおい、それもおかしいでしょ。
受験もするような年になって、親が旅行に行ってきますっていう数日間、身の回りのこともできないのか。
受験勉強よりも、洗濯して、ご飯作って、お風呂沸かして、かぎ閉めて寝れることのほうが大事じゃないか。
今時、電化製品とレトルトのおかげで、かなりスキルがなくてもできてしまう。
その年齢になれば、一通りのスキルを学び、体調を管理し、欲求を抑えて理性で動くこともできるはず。
それができていないとすれば、幼い頃に自分の楽しみのためなら人に迷惑かけてもいいのよと教えられ、
自分自身をコントロールすることすら、教えてもらえなかったからでしょう。


コメント ( 4 )件 | この記事のリンク

  • 名前:ヨシカワ   投稿日時 : 2008.05.17 【URL】
  • うちは ずっと ゴールデンウィークの次の週の土日
    クリスマスの前の週に 遊園地などに出かけてました
    フリーパスチケットフォルダーに入れ替える時
    毎回、そうなので苦笑したものでした

    その上、9時の開園を待って、12時には退園
    家庭の事情はあったものの「待ち」は無理の範囲のない状態で
    観光バス到着10時以降の大行列には並ばないように行動しました

    よく「チケット代もったいない」なんていわれたこともあります
    はい、家族五人 泣けるくらい払います

    お陰さまで、今年の5月のお休みには
    横浜中華街 元町にぶらーーっと出かけることが出来ました
    中華街の人ごみも、OK

    日常的に回転寿司の待ち時間に耐えられるのは、むしろ
    子ども達のほうです

    沢山、楽しいを約束しました
    旦那と話しています
    家は強行できなかったんだよね
    普通は大人の数が多い中、、家は子どもに絶対勝てない状態で
    一歩一歩進むしかなくって、ごまかすことが出来なかった^^
    から、今沢山のご褒美を頂いています
    勿論、次から次へと心配はつきませんが、

    風呂洗いにゴミだし 御飯をよそる と母女王様を目指し
    50歳で海外留学(短期)の夢諦めてません ガッツ
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2008.05.19 【URL】
  • ヨシカワさん、いつも頼もしいメールをありがとうございます。

    女王様になることは、結構忍耐のいることです。
    なんせ、なかなか女王様が思うとおりに子ども達は動いてくれません。
    動こうとしても、上手く動けないこともあります。
    それでも、その失敗の積み重ねもよしとして見守れるのは、
    母のv-344あってのこと。
    自分がカッコいいママになるためではなく、
    子どもがカッコよくなるための積み重ねが、いつか海外留学に連れていってくれますよ~


  • 名前:ヨシカワ   投稿日時 : 2008.05.20 【URL】
  • 凄いです
    実は子どものことじゃないところで
    ものすごく落ち込んでいて、、
    自己実現に躍起になって、、
    スランプ状態です

    自分では子どものことを考えているつもりでも
    こういうときは何気ない文章にも
    出てしまうんですね^^
    ありがとうございました
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2008.05.22 【URL】
  • そうですか・・・タイミング良かったみたいですね。
    お子さんのことを考えて動いているお母さんは、
    カッコよくなろうとされなくても、母としてカッコいいんだと思います。

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる