FC2ブログ

2008-04-05

Pくんのおしゃべり~完成版~

半年前ぐらいでしょうか。会話のソーシャルスキルについて書きました(2007.12.27/2008.1.30)。
さてさて、最終的にどうなったのでしょうか。
あるミーティングの日、Pくんは春休みでお家にいました。
以前のミーティングで、Pくんが作っていたすごろくで一緒に遊んだことを覚えていたようで、
その日も、一緒にすごろくする気満々でした。
お母さんから、今日はお話だからすごろくはしないと言われていたはずなんですが、
それでも、あの満面の笑みは、間違いなくすごろく気分だったはず。
が、そんなPくんの期待を裏切って、大人たちのミーティングはすすんでいきます。
蚊帳の外のPくんは、なんとか蚊帳の中に入ったろ~と、あの手この手を考えていきます。
ただ、依然と大きく変わった点があります。強引に入りこんでこないところ。
遠まわしに自分に注意を向けようとしてきます。
蚊帳の外で一人で遊びながらも、チラチラこちらを見ています。
スキあらば話に加わろうとする気迫が、背中越しにも伝わってきます。
そのうち一人すごろくを始め、P君は架空の私とゴールを争っています。
「江口先生、追い抜くぞ~負けへんで~」と、言いながら、こちらをチラ見です。
時々、話の合間にチラッと見ると、ニカッと笑みを浮かべながら話しかけてきますが、
私が大人の蚊帳の中に戻っていくと、それ以上はでしゃばってきません。
ちゃ~んと話に入っていいタイミング、自分へのアイコンタクトと話の切れ目を図っています。
が、やっぱりまだまだ子ども、なかなか振り向かない私たちに、とうとうシビレを切らしたのでしょう。
壁際に向かって逆立ち!それも馬が後ろ足を蹴り上げるような変形逆立ち!
これには参った・・・思わず笑いそうになるのをこらえていると、
「あかんかぁ・・・」と、それはそれはガッカリした声で言うP君。
余りにも的確なコメントとイントネーションと間合いに、春からも大丈夫と確信したのでした。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる