FC2ブログ

2008-03-17

『一緒に頑張りましょう』

少し前のミーティングで、あるお母さんとお話していたときのことでした。
そのお家のお子さんは、今月いっぱいまで市の療育園に通っています。
その療育園に通われている親御さんのお話なんですが、そのお母さんの話では、精神的にめいってしまうお母さんがとても多いとのことなんです。
なぜかって、まずは、お子さんに障害があるとわかったことで大きなショックを受けるんだけど、
さらに、そこから、どうすればいいのかという希望がないからとおっしゃいます。

『一緒に頑張りましょう』

たった一言、その一言がないそうなんです。

私は、必ずと言っていいほど言いますね。
どれだけ厳しい状況にあったとしても、『頑張らなくていい』とは決して言いません。
とても大変な思いをされているだろうこともわかっていますが、
それでも何とか一緒に頑張りましょうと言います。
その分、私らも一生懸命考えます。
親御さんに頑張りましょうと言うことは、私らにとってもプレッシャーなわけです。
頑張りましょうと言った手前、何とかなる方向へ導かねばならないわけですから。
もしかしたら、上手くいかないこともあるかもしれませんが、
でも、その責任を引き受けて真摯に向き合うことが、私たちにできる最大のサービスだと思っています。

コメント ( 8 )件 | この記事のリンク

  • 名前:ヨシカワ   投稿日時 : 2008.03.17 【URL】
  • 度々すいません

    私は最近『特技:がんばること』
    と先手を打つんです
    なんでっかっていうと、、必ず

    おかあさん がんばりすぎですよ あんまり がんばらないで

    って言われちゃうからです
    子供の将来考えて、親が頑張って何処が悪い
    自分の子供に置き換えたら、、頑張らないか??
    以後、、、省略

    勿論
    私だって他人の痛みを同じようには、分かりません
    でも、分かろう 真剣に向かってる人に いい加減な返事は出来ません

    もう、、泣けちゃうくらい共感
    ありがとうございます

    特技:頑張ること
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2008.03.18 【URL】
  • ヨシカワさん、『特技』とは、いいアイディアですね~
    特技なんですから、頑張ってしまうのは仕方がないですよね!
    人生の中で、すご~く頑張れることがあるなんて幸せだと思います。
  • 名前:パワー全快   投稿日時 : 2008.03.18 【URL】
  • 6年前の”自閉”と告知されたことを思い出しました

    そうそう・・・「一緒にがんばりましょう」って言われなかった
    落ち込んだ

    典型的な自閉です
    治りません
    しゃべれません

    3つの太鼓判を ボンボンボン と機械的に言われた
    その時のショックだけが記憶に残っています

    何を試みても無駄ですよぉ~ にしか聞こえなかったけど・・・
    療育ってすごく、日々成長を続けています
    後退なんてないない!

    国・行政・・・しっかりせい!(怒 プン)
  • 名前:Yの母   投稿日時 : 2008.03.18 【URL】
  • やはり多くの療育施設では「一緒に頑張りましょう」の言葉が出てこないのですね。

    私の通っていた療育施設は、先生方は皆善意のある人たちで、心身削って子供と関わっていましたが、希望のない温室で私には合いませんでした。
    そして自分の通っているところだけでなく、あちこちで療育施設の不満を聞きました。
    人によっては厳しい現実へのシェルターがある時期必要な方もいらっしゃるとは思います。

    でも、全てとは言わないけれど多くの母親って子供に関してはものすごいエネルギーが注げるものだと思うのですよ。
    精神的にまいってしまうにはいろんな事情があるとは思うのですが、それは単に厳しい現実で病むのではなく、希望がないことに心を病むのだと思います。

    そして絶望にうちひしがれている親御さんに対して、厳しい現実だけ言って、責任を持って希望を与えることができないと言うのはプロではないと思うし、人間としても?です。

    貴社のサービスを受けてもうすぐ一年。いろんな意味できつかったですが、
    いつも責任を持って希望を与えてくれ、子供もちゃんと成長しています。
    楽ではなかったけれど、喜びもあって随分人間的に成長できた一年でした。
    これからもどうぞよろしくお願いします。
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2008.03.21 【URL】
  • パワー全快さん、貴重な体験をありがとうございます。
    6年たった今でも残っている、それはそれは重い出来事だったんでしょうね。
    医師たちにとっては何度もある診察場面の1つだったかもしれませんが、
    お母さん達にとっては、初めての場面ですからね。
    それは、私らにも通じることで気をつけないといけないことです。
    それと同時に、医師をかばうわけではないのですが、セラピーによって改善することができるという事実を、
    多くの人に知らせることが十分にできていない、
    これが解決していけば、医師の態度も違ってくるかもしれません。
    そのためには、パワー全快さん達の声がとても大事です。
    どうぞ、これからも、セラピーをしていくことで成長するお子さんの姿を、
    多くの人に教えてあげて下さいね。
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2008.03.21 【URL】
  • Yの母さん、こんにちは。
    この1年が、Yさんとお子さんにとって希望を持ち続けられる1年であったことホッとしました。
    私も、こどもを持ったお母さん達の強さを信じています。
    世の中は、お母さんを保護する方向に向いています。
    もちろん、それは程度と時期によっては必要なこともありますが、
    でも、それが過剰すぎることで、本来持っていたはずの親御さんの強さが、
    失われつつあることを感じています。
    これからも、程よい(はず・・・笑)厳しさを持ちながら、一緒に頑張っていきたいと思います。
  • 名前:ひろみ   投稿日時 : 2008.03.28 【URL】
  • 江口さん、超おひさしぶりです。みなさんとても頑張っておられて、元気をもらいます。さて、我が家の中学一年の息子ですが、やはりどんどん他の子との精神面でのずれが生じ、もう学校へ行くこと自体に疲れてしまったようです。ちょっとしたイジメが最初にあって、それからはクラスの子を拒絶した状態で毎日学校へは行っていました。1年彼は頑張ったんでしょう。もっともっと親としてサポートできたのかもしれません。「いやな事や困った事ない?」と聞くことしかしてやれなかったのが後悔です。このままでは学校へ行けなくなるのも時間の問題でしょう。こだわり行動もどんどん強くなり、いつも握っているぬいぐるみを手放せなくなってしまいました。これではいかん!と、改めて支援センターで連携しているクリニックの受診を決めました。あとは、彼の居場所をさがしてやらねばと思っています。学校じゃなくてもいい、彼がまたイキイキできる場所に毎日通わせたいと思います。それが彼にとって、どういう場所がいいのか、とても難しいです。フリースクールみたいな場所がいいのか・・とりあえず、見学に行って行動してみようと思っています。
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2008.03.28 【URL】
  • ひろみさん、こんにちは。
    本当にお久しぶりです。半年ぶりぐらいでしょうか。

    お子さん、難しい年齢になってきますね・・・
    子どもの年齢があがっていくと、大人が介入できない場面が増えていきますよね。
    ひろみさんが、どれだけ介入しても仕切れない時期なのではないかと思います。
    小学校3~4年生ぐらいでしょうか、周りとのズレがわかり始める、
    でも、自分自身ではどうにもできない、
    だからといって、親御さんをはじめ大人からの介入にも違和感を持つ、
    難しい年齢なんだなと思います。

    殆どの場所では難しくても、ただ1つ、信じられる場所があればと思います。
    あとは、子ども自身が何とか立ち上がってくることを見守る、待つ、のような気がします。
    人間は、結構タフです。
    そのタフさを萎えさせてしまわないように、適度な介入と待つのバランスが難しいところです。

    また、方向が見えてみたら教えて下さい。
  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる