FC2ブログ

2008-01-25

ピアトレって何だ?

ピアトレってご存知でしょうか。
同年代の子供同士で時間を過ごすことですね。

うちで伺っているお子さんのピアトレのビデオを見ていました。
相手の男の子も発達障害があるお子さんで、1人のお子さんのお家で行っています。
二人のお子さんのお母さんも一緒にいます。
何やら二人は、会話になっているようなないような、でも、ニヤニヤしながら楽しそうです。
折り紙をやり始めました。一人の男の子は折り紙が得意なので、もう1人の男の子に教えています。
「~くん、教えて、どうやんの?」
「こうして、こうして、こう!」
でも、所詮、幼稚園児の説明、わかるわけがない・・・
それでも、なんだか二人は離れることなく一緒にいます。
まるで、何するわけでもないけど一緒にいたい恋人同士のようです。
そう、特別すごい遊びをしているわけでもないのに一緒にいて楽しい、
活動自体ではなく、子どもたちがお互いと一緒にいること自体が楽しいんでしょうね。素晴らしい。
発達障害がない子どもたちの様子を見ていても、
大人から見ると、何をしてるんだか・・・と思うようなことで遊んでいることがありますね。
それでも、お友達と一緒にいることそのものが楽しいから、いいんですよね。
こんなにいい雰囲気なのに、時々、お母さんたちの姿が見えます。
遠巻きに二人の様子を見ていると、会話はままならないし、遊びも一方通行だったりしますので、
ついつい手を出したくなってしまうようです。
二人の間に水を差すように、これが恋人同士だったら間違いなく煙たがられる、そんなことになっています。
ここは、ぐっと我慢の為所、できるだけ、二人だけで過ごす時間を優先します。

そもそも、ピアトレの目的はなんなのでしょうか?
私は、ピアトレで一番大事なのは、子どもが子どもだけで過ごすことに慣れることだと思っています。
遊びを盛り上げてもらえたり、困ったら助けてもらえたりする人がいなくても、
自分たちで、その場をそれなりにしのいでいく練習の場面だと思います。
上手くいかないことがあっても、自分たちでそれなりの形にできる、
完璧なコミュニケーションじゃなくても、遊び方じゃなくても、
大人の手を借りずに自分たちで過ごせたことに価値があるのだと。
なので、子どもが逃げ出したり、大喧嘩にでもならない限り手を出さないようにお話しています。
最初は、たとえ、全く関わらないことがあってもいいのです。
私ら大人だって、初めての人たちの輪に入ったとき、ズカズカと輪の中心にはいかないですよね?
その日の関わりはって言われたら、殆どゼロに近かったとしても、
適当に相槌うったり、微笑んだりしながら、その集団の様子を伺うことを積み重ねていくことで、
その集団の雰囲気を掴み、少しずつ輪の中に入っていけるようになりますよね。

ほらほら、お見合いの席なんかで、「あとは、若い人たちだけで・・・」なんて言うのと一緒で、
子供同士の世界に、いつまでも大人が出しゃばってはいけません。

コメント ( 2 )件 | この記事のリンク

  • 名前:ガラゴ   投稿日時 : 2008.02.04 【URL】
  • 遅ればせながら、コメントさせていただきます。
    キッズにお世話になっていた頃、よく江口さんから「会話するとか、遊ぶとかの前にピアトレは、子供に子供と過ごす時間が楽しいということを学ばせてあげたら良い」と教えていただきました。
    今、息子は一年生ですが、小学校に入って思ったことは、もう子供の遊び
    の中に大人は入っていけない。。ということでした。
    そして、この友達と過ごすことが楽しいということを学んでおいて、本当に良かったと実感する毎日です。ありがとうございます。
    これがあるから、時には、意地悪されたり、嫌なことがあっても、やっぱり友達が好きで・・・
    次の日には何事もなかったようにまた楽しく遊ぶことができるんだと思います。



  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2008.02.05 【URL】
  • ガラゴさん、お久しぶりです。
    コメント、ありがとうございます~お母さんからのコメントは、私たちのどんな言葉よりも重みがあります。

    自転車に乗るときに、子どもが転ばないように最初は支えてあげますが、
    支えたままでいくら練習しても、支えなしに乗れるようにはならないのと同じで、
    いつか、大人は子どもから手を離さなければなりません。
    もちろん、転んでケガすることもあります。
    でも、それまでに、大ケガはしないように大人と練習してきているはずで、
    あとは、お母さんが思い切って手を離すことなんですよね。

    最近、企業のあり方で、失敗を許す環境がスタッフを創造的に伸ばすと言われています。
    子育ても同じで、子どもは必ず色んな失敗をしてきます。
    その失敗を大丈夫と言ってあげられるお家があれば、子どもは頑張って成長していくと思います。

    また、是非、コメントして下さい!皆さんの励みになります!!
  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる