FC2ブログ

2006-08-20

アイコンタクト

疑問1:アイコンタクトとはなんぞや。
私がお話するアイコンタクトとは、「人とコミュニケーションする時に向ける視線」です。
なので、
「見て」という音が聞こえたことをきっかけに視線を向ける
ではなく、
人とやり取りを始めることをきっかけに視線を向ける
です。

疑問2:療育業界では「アイコンタクトを教えるのは難しい。」
って言われています。
「やってみたんか!」

「自閉症がある子どもはアイコンタクトが辛い・嫌い。」
とも、言われています。
「子どもが言ったんか!」

いえいえ、そんなことはないです。結構簡単ですし、嫌いではないです。
だって、教えれば使うようになるからです。

ただ、自閉症があるなし関係なく、苦手な人はいます。
それから場面によって、怒られたとき・照れてる時等、しにくい時もあります。

が、やらないのは必ずしもできないのではなく、嫌いなのではなく、学んでいないからできないってことが、よく、あります。

疑問3:どうやって教えるのか
ポイントは、コミュニケーションをしたくなる場面を使うことです。
好きこそものの上手なれ、です。

考えてみましょう。

コミュニケーション初心者の赤ちゃんは、どんな時にコミュニケーションを取るのでしょう?
「おっぱいちょうだい、おむつ替えて、抱っこして」
答えは、要求の場面です。

なので、子どもの要求場面でアイコンタクトを取ることを教えます。
音声言語・指差し等のサイン・カード等で要求させるではなく、アイコンタクトで要求させます。
お母さんが持っているジュースに、子どもが手を伸ばしてきたときが、教えるチャンスなのです。
これができてから、ここに音声言語・サイン・カード等をのせていきます。

疑問4:なぜアイコンコンタクトから
理由は・・・
①人と関係をもつことが楽しいことになる
 自分にとっていいことが起こる要求場面で、いつも人の顔が見えるの で、人と関わることは楽しいことになる
 →彼氏(彼女)とのデートの時にかかっていた音楽は、違う場面で聞  いても楽しい感じがしますよね~
  彼氏(彼女)との別れ話の時にかかっていた音楽は、違う場面で聞  いても悲しい感じがしますよね~
 
 アイコンタクトによって脳の「報酬」を表す部分が活動する(「脳の の中の人生」茂木健一郎)→FuncionMRIでの実験結果で、脳内におい て、生きる上で必要な水・食べ物・他者との関わりを好ましいことと して認識するメカニズム、だそうです。

②アイコンタクトがないと、音声・サイン等のスキルを教える時に、指 示や手助けが入りにくい=学生時代を思い出してください。窓の外を 見てて、先生に意識を向けていないときって、自分の名前を呼ばれて も気づかなかったりしませんでした?

③音声言語やサイン等、アイコンタクトよりはっきりした行動を学んで からだと、そちらに引っ張られて教えにくい。→アイコンタクトを求 めているのに、子どもは「貸して」ではなく、「ちょうだい」なのか と言語の言い替えをしてしまう。

と、まあ、こんな感じです。

こんな話、聞いたことないって?
そりゃ、そうです。
こんなこと教えている人は、世の中に、まだまだ少ないんで。

コメント ( 6 )件 | この記事のリンク

  • 名前:のいきち   投稿日時 : 2006.08.20 【URL】
  • 言語を獲得してからアイコンタクトで苦戦しているのいきちです

    最近修正し始めてやっとこさアイコンタクトが増えたかなというあたりですが
    「かして返して代わってちょうだい」と言語のみで押されていた日々もありました

    口で言う事のが画伯には楽な状態をわたしが作っていたのです

    「貸して」とアイコンタクトがなくてもわたしが強化し続けていたためにそうなったのでそれはわたしが修正するしかないのです…

    濃い味付けに慣れたところで薄味に戻すくらいのもんならまだしも画伯は手強い

    いっそ耳栓でもしてアイコンタクトだけに反応出来る体になりたいと思った事もしばしば…

    そもそもアイコンタクトがなぜ必要なのか

    いいじゃん喋れたら、と思う時期もありましたが実際他人と過ごす画伯を見るとどうも損してる事が多いのです

    大人が相手なら画伯の言う事を「聞いてあげよう」とするからいいのですが相手が同年代の子供だとそうもいきません

    お友達「ねぇこれ知ってる?」
    画伯「…知ってる」(アイコンタクトなしで下向いたまま)
    お友達「ね~~これ知ってる~~?」
    画伯「…知ってる」(アイコンタクトなし…)
    お友達「ちゃんと聞いてる~?」
    画伯「…聞いてる」(アイコンタクトなし…)

    とこんな具合でお友達はイライラしてきます

    まだこれくらい食い下がってくれる女の子はいいけど男の子はたいがいわたしに質問の矛先を変えて来ます

    「画伯ってさ~日本語喋られへんの~」とさえ聞かれた事があります

    画伯は画伯なりに返事は密かにしているのですがやはり視線がこないと聞いてるのかどうかすらわからないのです

    なかなか難しい…

    要求のアイコンタクトもままならない画伯にお返事のアイコンタクトは統制された環境でないと難しい、ワンランク上のスキルなんでしょうね

    まわりのお友達が懲りずに話しかけてくれてる間に少しずつでも良くなればと思います

  • 名前:吉川   投稿日時 : 2006.08.21 【URL】
  • 動物園で行動分析をするのがシュミなのですが^^
    チンパンジーやおらうーたんの親子ってなんて、凄いの と感心するんですね
    人間のほうが恥ずかしい~~って
    言葉
    「早くしなさい もう、いい加減にしなさいよ
    置いて行くよ もう絶対連れてこないからね」
    なんていっているのは人間

    アイコンだけでやさしく包まれているサルは心を和やかにします

    「ほらよ」って背中に子どもひょいっとのせて^^

    今日は花火をしました
    ろうそくがうまい具合に消えたので チャンス^^
    「つけて」マンド訓練

    『あ~~火が消えちゃったね』
    っていえるのに目を見れない
    そう、そういって私が瞬時につけてたんです
    まあ、こんな感じの出来事はご愛嬌ですが、
    やはり、子どもらしく「お ね が い」
    が可愛く出来る子じゃなきゃな~~

    気持ちのあるコミュニケーション
    そんなの この子らより 私のほうが苦手だったりするかも
    ゆっくり ちゃんと相手をみる
    そんなこと できていないなあ~~
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2006.08.23 【URL】
  • のいきちさん、吉川さん、

    いつも日常生活での体験をありがとうございます。
    多分、私なんかの話しよりも、
    これを読んでいる方々の多くが、
    「そうそう!」
    と、頷かれていることと思います。

    こういった気づける感性、とても大事だと思います。
    お子さんにいろんなことを教えていく中で、
    何が基準なのかわからなくなることがあると思うのです。
    その時は、親の目ではなく、
    これが友達だったら、だんな(奥様)だったら・・・
    と、考えてみてください。

    世の中に、親の目でお子さんに接してくれる人は、
    親御さんだけなんで、
    それ以外の人とやっていけるために、が、大事だと思います。
  • 名前:KYOママ   投稿日時 : 2006.08.23 【URL】
  • アイコンタクト・・・・
    うちも長年これに頭を抱えています。のいきちさんのコメントを見てうちの子もお友達に対して大分損しているな~と思っていました。言語のほうは結構のびてきて自分がいいたいことはべらべらしゃべりまくるお嬢。自分からのいいたいことに対してはやはり聞いてほしいのか、たびたび目があいます。が、やはり本や写真を見ながらはなしたりしているときは目があいません。こちらもついつい目があってないのに、お嬢が返事を求めるので返事をしてました。ましてこちらからの話しかけに対する応答は答えるけれどほとんどアイコンタクトなし(涙)。でシャチョーに相談したところ、まずEOの高いお嬢からの話しかけのときのアイコンタクトを増やしましょう!ということになり、早速実施。
    お嬢が話しかけてきても目が合うまで返事はなし。そしたら目が合うまでお嬢の目は泳ぎまくるんですよね~。もう、笑っちゃいけないんだけどかわいくて幾度も噴出しそうになりながらも目が合うまで返事をしないようにしてました。目があったらすかさず返事。今日一日続けただけでも大分最初から目が合うのが増えたように思います。
    今からでも人の顔を見て話せる子になるよう、根気強くがんばりまーす。
  • 名前:のいきち   投稿日時 : 2006.08.24 【URL】
  • KYOママさん、こんにちは

    画伯とはだいぶんレベルは違うのですが画伯も同じように自分の喋りたい事はばちっっと目を見て話します(笑)

    それ以外は…う~ん(>_<)
    画伯は興味の幅が異様に狭小なので彼の好むキーワードが入るとちらっと顔をあげる瞬間があります

    それがまた…世間的に会話に出てこないような物ばかりで(笑)

    アイコンタクトも教えつつ興味の幅も増やしつつ…になると思いますが…

    素人が狭小の土地にいかに広い家を建てるか頭を悩ますくらいの困難さはあるような(笑)

    ビフォーアフターのように1時間ですっきり爽やかに仕上げるような匠になりたいもんです

    アイコンタクト、わたしも難しいので親子で練習しないと(笑)
    わたしの場合とKYOママさんの子供さんは似てるかもしれません

    目が合った瞬間目が合った事ですんごいドキドキしてしまい話してる内容がとぶ時があります(笑)
    ちなみに目は泳いでいるそうです

    旦那以外の人の目を見て話す事がいまだに出来てません(笑)

  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2006.08.24 【URL】
  • お2人とも、結構、匠の域に達しつつあると思いますけど。
    あ、でも、正規分布のはしっこセラピストの言うことなので、
    一般社会からみえると、あかんかも・・・
    いや、でも匠ははしっこの人がなっているはず。

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる