FC2ブログ

2007-09-23

お母さんのスイッチ

先日、単発の訪問ですが、ちょっと懐かしい場所に行ってきました。
私は以前、羽曳野市・富田林市に住んでいたことがあるのですが、そのご近所の藤井寺市・河内長野市です。
もう10年ぐらい行っていなかったのですが、風景のところどころが思い出されます。
今回、お会いした親御さんは、高校生・小学生高学年・小学生低学年のお子様がいらっしゃるお母様方で、
お子様の状態はそれぞれ違うのですが、でも、共通していることは、
それぞれのお母さんたちが試行錯誤しながら、頑張っていらっしゃる姿でした。
殆どの地域で同じことが言えると思うのですが、やはり継続的に療育を手伝ってもらえる機関は殆どなく、
それどころか、診断さえもままならない状況もあったそうです。
でも、やっぱり母は強し!
診断があろうがなかろうが、専門家がいようがいまいが、わが子がしっかり生きていけるために、
なんとかいい方向をと考えて思いつく限りのことを試みていく・・・その行動力はとても素敵です。
それに、試行錯誤されつつ掴んでこられたことは、私から見ると妥当なことがとても多いのです。

あ、唯一、気になったことは、わが子を前にするとスイッチが入ってしまうことぐらいでしょうか(笑)
お母さんの顔が硬くなればなるほど、子どもの口は硬くなっていきます・・・おしゃべりも勉強も。

コメント ( 4 )件 | この記事のリンク

  • 名前:なつまま   投稿日時 : 2007.09.25 【URL】
  • 先日は訪問指導をありがとうございました。
    あっという間の3時間でした。

    自分が子どもに接しているビデオをわざわざ撮ったのは
    初めてでした。
    確かに、自分でも気づく改善点がたくさんありました。

    自分では対話しているつもりでも質問ばかりなこと。
    子どもを見ている様子がこわーい顔になっていること。
    (スイッチ、入っちゃってるんですねー)
    子ども自身が楽しんでいるというより、
    こなしているようになっていること・・・。

    こりゃマズイ。
    早速アドバイスのように、まずは私が自分の出来事を
    話してみるようにしたら、今までよりもっともっと
    積極的に話をしてくれるようになりました。
    私も何だか楽しくなりました。

    うちの子(小1)は、知的な遅れがあるけれど、
    今のところ普通学級で全ての授業を受けています。
    集団行動が取れる、予定の変更を受入れられる、
    お友達が好きで笑顔が多い、困ったときは友達の真似ができる、この力がとても大きいと思います。
    理解力は低めだけど、先生の話を一生懸命聞こうとする
    ということもよく誉めてもらっています。

    得意なことを作っておいたことも良かったです。
    字が上手いことを子どもたちにも認められています。

    ・・・思えば3~5才は本当に大変でした。
    沢山のこだわり、強烈なパニック、下の子の存在。

    数年後にこうなっているとわかっていたら、
    もうちょっと肩の力が抜けたのかなって思います。

    でも、これからも、やりますよー!
    こわいスイッチを、面白スイッチに切替えてみるように
    がんばってみます。
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2007.09.28 【URL】
  • なつママさん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    本当に人が好きなんだな~と思える部分がたくさんありました。
    これから、人の間で学んでいくためには、とっても大事な部分が育っていると。
    それだけに、こちらもついつい欲が出てしまうというか、成長がとても楽しみです。

    お母さんスイッチは、皆さん持っているようです(笑)
    というか、ビデオ撮らないとと思うと力入ってしまうんでしょうね。

    でも、ビデオは、なつママさんの頼もしいパートナーになってくれると思いますよ。
    正確にいろんな情報を伝えてくれます。
    それに、何度も繰り返し見れるし、客観的にも見れます。
    まあ、時として、触れられたくないとこもまざまざと見せ付けてくれますが・・・早送りがあるので大丈夫です!

  • 名前:よし母   投稿日時 : 2007.09.29 【URL】
  • 先日は個別訪問どうもありがとうございました。この一週間先生からご指導いただいたこと、アドバイスしていただいたこと、いろいろ試してみました。自閉症の子がよく言うおうむ返し、・・・母「食べる?」、子「食べる。」 の会話を、母「食べる? うん」、子「うん」と言うと、そのように答えるようになりました。魔法みたいです。
    私自身が手を出さない、口を出さない、を心がけると自発的に言葉が次々出てくるようになりました。助詞や内容がおかしな事は多いのですが・・・。
    あえてスケジュールを変更していく。最初少しとまどっていましたが、変更にも対応できるようになってます。思った以上にスケジュールへのこだわりもないように感じます。
    新しい発見ができ、よしに接していくのが今楽しいです。どんな反応をするのか今更ながら子育てを楽しんでいます。よしが幼児期試行錯誤していた時期がなつかしいです。
    またつまずいたり困ったときは相談にのってください。よろしくお願いします。本当に楽しい3時間ありがとうございました。
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2007.09.30 【URL】
  • よし母さん、こんにちは。
    早速、いろいろ試して頂いているようで私も嬉しいです!

    お母さんが口とか手とかいろいろ出すのを止めると、
    子どもは自分の手とか口とか出さなくちゃならなくなります。
    そういう環境を作ってあげること、とても大事です。
    押してダメなら引いてみよう!って感じでしょうか。

    療育に魔法はありません。
    全ては、お母さんが頑張られた結果です。

    これからも楽しい子育て続けて下さいね~
    また、時々、このブログで楽しい子育て紹介して下さい。
  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる