FC2ブログ

2007-09-07

「お~あ」

最近、めっきりセラピーすることが減ってしまい、とてもさびし~いのですが、
ちょっとだけ、みている子がいます。
その1人の女の子、先日、初めて声がでました。
セラピー始めて10ヶ月ぐらいになるでしょうか。
普段の生活から、発声自体がゼロなんですね。
泣くときに泣き声がでるくらいで、嬉しい時は微笑むだけ、とにかく声が聞けない日々なわけです。
こういったお子さんにも、やっぱりやることは一緒で、
子どもが楽しむ物や活動をひたすら捜し続け、まずは、それをかなえる場面でアイコンタクト。
それができるようになったら、発声を促していきます。
お決まりのように、やはり最初は発声どころか口が動いていることさえ気づけません。
春ぐらいから、口元は真似て動かすようになったけど・・・声が出ない。
ところがこのところ、日常でも時々無意識に発声が聞かれるようになってきたとのこと。
そこで先日、おやつを使って音声を引っ張っていたところ、

「お~あ」

必死で口元を動かして、どうすればいいのか試行錯誤している時に、
偶然、出たという感じだったのですが、
そこで、発声することのコツを掴んだようで、
その後、数回、私が声を出すたびに同じ音を言うようになりました。
思わず、私の声も上ずってしまいました

これから、発音や言葉を記憶したり、いろいろ困難は出てくるのですが、
それでも、1度、この「きたきた~」と思える瞬間を体験すると、
どんなにキツイ状況でもセラピーは続けられるものなんですね。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる