FC2ブログ

2007-08-03

お父さん頑張って!

セミナーに参加して頂いたご夫婦から嬉しいお話しを伺いました。

お父さん・お母さん・男の子(発達障害がありセラピー中です)で、
ファミリーレストランに行かれたそうです。
ファミレスのレジ付近には、よく、子供用のおもちゃが置かれていますよね。
レストランに入った途端、男の子はおもちゃにダッシュして欲しがったのですが、
そこを買わずに素通りしようとすると、お父さんを叩くは蹴るわで大暴れしたそうです。

そこでお父さんの告白。
どうやら、お父さんと二人で行っている時に欲しがるので毎回のようにおもちゃを買ってあげていたそうです。
それが、今日はダメだと言われたもんだから大暴れしたのです。
これは、お母さんと二人だとここまで大変なことにはなりません。
なぜなら、お母さんは既に一山乗り越えているからです。
半年ぐらい前でしょうか。お母さんから伺いました。
理由はなんだったか忘れましたが、電車に乗っている時、男の子は自分の要求を通すために車内で
ひっくり返って泣いたそうです。
お母さんは、「ここだ!」と思ったそうです。
ここで、いつも避けるためにうまく丸め込むから変わらないんだと。
で、泣き叫ぶ男の子の相手をせずグッとこらえて、頑として要求を通さないでいると子ども自身が
諦めていったそうです。
もちろん、結構時間はかかったと思います。
が、次から、収まりがつくのが段々早くなっていきます。
これを、子どもが自分以外と折り合いをつけていくと言いますね。
非常に大事なソーシャルスキルです。
そして、これは、お母さんとの間でできるソーシャルスキルであって、
お父さんとの間では、まだ学んでいないのでできないのです。
お父さんはお父さんで、きちんと向き合わねばなりません。
そして、こういった経験を多くの人と積み重ねていくと般化ということが起こり、
初めての人や場面でも初めから泣き叫ばずに折り合いをつけられるようになります。
子ども達にとって接する機会が圧倒的に多いご両親は、必ずこのステップがいると思います。
ご両親との場面でできないってことは、多くの場面でできないってことなので、般化はしません。
「うちのお父さんにも~」と思われたお母さん、このページを印刷して渡して下さい。
少しはご利益があるかもしれません

コメント ( 2 )件 | この記事のリンク

  • 名前:Mマミィー   投稿日時 : 2007.08.05URL
  • 外でこんな風にごねらると、人様の目が気になって言うことを
    聞いてしまうなんて多いですよねぇ<(;~▽~) 分かりますぅ。

    そんな時は、自分の視線を子どもに集中してください。 人様の
    明らかな嫌な顔を見ると、ついつい子どもの言いなりになってしまう
    し、落ち込むので、視野に子どもだけを入れてダダの収まるのを待ちましょう!

    多分他の人は冷たい視線を投げかけていると思いますが、見なかったら
    コッチのもんです。 こんな問題行動が起こった時が親の腕の見せ所
    なので、世間様の目を気にしていられな~い。

    最近Mは私が怒っているのが分かると、「許して~。 お願いやから許して~(joj)」
    と大声で許しを請います。 よそのオバちゃんから「許したって~」って
    お願いされる事もありますが、その人には満面の笑顔のみ返して、子どもには
    本当に反省した時点で許しています。 多分騒がしい親子でしょうねぇ。
    近所の方~。虐待じゃないよ~。
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2007.08.07 【URL】
  • 美形のMくんに「許して~。 お願いやから許して~(joj)」って言われると、
    「許したって~」ってお願いするおばちゃんに変身していまうかもしれません・・・
    が、しか~っし、ここは心を鬼にして。
    かわいいM君が、大人になってもモテモテ君であり続けるために、
    お母さんは頑張って教えていっているんですよね~

    ほんとに、こんなに大変なことやってくれるのは親御さんだけだと思います。
  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる