FC2ブログ

2007-07-16

ま、いっか

勉強会でのお話。

年長さんのA君は、こだわりをたくさん持っている男の子です。
その中のひとつ、大好きなレンガ模様を上手くできないことが許せないってのがあります。
上手くできないことが悔しいとか嫌だって思う気持ち、適度には必要なんですよ。
だって、こう思う気持ちがないと、いろんなことが向上しませんので。
でも、これが度をすぎてしまうと、ケアが必要なこだわりってことになります。
度が過ぎるってどんなことかと言いますと、子ども自身や周囲の人間の日常生活に支障があるってことです。
レンガ模様が大好きなA君は、ブロックを使ってレンガ模様を作っていくのですが、
なんせブロックを並べていくだけなんで、ちょっとしたことでズレができてしまいます。
すると、それはそれは大きな声で泣き叫ばれるわけだから、家族はえらいことです。
そんなことで泣き叫ばなければならないA君も、かなりキツイはずです。
前回の勉強会ででたこのテーマ、どうすれいいのか。

「ま、いっか。」を教える。

たった数週間で、お母さんは見事なんとかしてきました。
どうやったかといいますと、A君がするように、お母さんがブロックでレンガ作りをします。
そして、A君がするように、ちょっとズレたところで、
「もう~!でけへ~ん!」と、大きな声で叫び倒すわけです。ここは、かなりリアルにいかなければなりません。
お母さんが荒れるシーンを初めて見たA君は、びっくりして泣いて部屋から逃げたそうです。
でも、逃げようとするA君を部屋にとどまらせて、
お母さんが荒れてから、「ま、いっか。」と立ち直るところを見せるところを数日繰り返したところ、
A君は、ビデオの中で、「ま、いっか。」とお母さんに声をかけるようになり、ズレたところを直してくれるようになっていました。
で、A君自身が作っていて上手くいかない時にも、「ま、いっか。もう一回作ろう。」といえるようになり、保育園でも同じように流せることがでてきたそうです。

成功のポイントは、
・ お母さんの女優ばりの演技
・ 子どもがと同じ荒れる場面を使った
・ お母さんという人への関心がきちんとできていた(ただの便利屋さんが荒れていても、子どもは気に留めませんので)
・ ひるまない気合い

お母さんのレポートには、
「こだわりはつぶせるものなのかも?と、少し嬉しくなりました。もっと早くやってみればよかった。」と、書いてありました。
その通りです。
この1回で全てが上手くいくことはりませんが、少しずつ繰り返し教えていく(こだわりを崩す)ことで、
だんだん学ぶことが早くなりますし、ケアが必要なこだわり自体ができにくくなっていき、いい意味でのこだわりがわかる男に育っていきます。

お母さん自身が成功体験をもって強くなれたとき、子どもは、今よりもっと成長します。

コメント ( 3 )件 | この記事のリンク

  • 名前:りひママ   投稿日時 : 2007.07.18 【URL】
  • 勉強会ありがとうございました。
    そうですね~。この1回ですべてがうまくはいかないですが、本人が「ま、いっか」でずいぶん楽になれたと思います。考えてみれば私たちもこのアバウトな言葉にかなり助けられていますね~。失敗しても人から「ま、ええやん、もう1回しよう。」といわれると、「この人いいひとだな~」と親近感が湧いてきますね。
    あっ、それから、4月に園でのビデオを見て頂いた時のコメントは私の周囲で大ブレイクですよ~。「たかだか5歳の子供にひるまない」
    家族、園の先生、同じ悩みのお母さん方など「ほんまにそうやな~」と共感しまくり~。
  • 名前:パワー全快   投稿日時 : 2007.07.18 【URL】
  • 女優ばりの演技・・・見たかったです
    いつも正しいお母さんが・・・
    さぞかし、荒れたシーンを見て、びっくりしたやろねぇ~
    でも、びっくりしてくれたから・・・良かったよ
    無関心だったら、悲しい~ぃ
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2007.07.18 【URL】
  • りひままさん、

    時々アバウトに過ごせること、息つまらないように生きていくためには、
    とても大事なスキルだと思うのですよ。
    ほんと、子ども自身がとても楽になると思うのです。

    「たかだか5歳の子供にひるまない」合言葉にして下さい!
    なんせ、数10年生きてきたなりの知恵があるんですから!

    パワー全快さん、

    ほんとにすご~く女優だったんですよ。
    この演技力、とても大事です!
    セミナーでは、うちの女優達(スタッフ)の演技をとくとご覧下さい。
    最近は、私が見ても、そこまでするか!って思うんで。

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる