FC2ブログ

2007-06-22

Vくんの変身

Vくんは、今春から伺い始めたお子さんです。
もともと話し言葉はある程度持っていたのですが、どこかかみ合わないところがあります。
それがなんなのか。
ボキャブラリーはあるのにやり取りがずれていたり、注意の持続ができずやり取りが続かなかったり、独り言だったりなどなど・・・
なんだか一方通行なコミュニケーションになっています。
そんなV君のコミュニケーションがやり取りに変身していくために必要なことは何か。
それは、V君が、「この人と一緒にいると楽しい、だから、この人と一緒にいたい」と思うようになることだと思います。
しかも、お菓子をくれたり抱っこをしてくれる単なる便利屋さんとしてではなく、
その人そのものが好きで、一緒にいたいと思うようになることだと思います。
この土台ができると、相手の言うこと・行うことに注意を払うようになってきます。
恋愛と同じで、好きになると相手のことをよく見て、知ろうとするようになるんですよね~
やり取りが成立するには、まず、相手が何を言っているのか知ろうとするところがとても大事です。
最近、V君には、その兆しが見られるようになってきます。
遠巻きに見ていた粘土遊びについてきています。
セラピストが行っている動き・言葉、一生懸命見て聞いて真似ています。
そして、笑顔なのです。
強要していないのに、大好きな活動ではないのに、こちらが提示した遊びについてくる、そして、その動き・言葉を真似始めた。
ここまでくるのにかかる時間は、子どもによって様々なのですが、
私たちは、この状態がくると「よっしゃ~きた!」と、思うのであります。
コミュニケーションも、遊びも、ソーシャルスキルも、全てここのあるなしが効いてきます。
じみ~なんですが、最初にやらねばならない大事なことの1つです。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる