FC2ブログ

2007-04-16

発語を促す

この週末に2つの勉強会に行ってきました。
お父さん・お母さん、いつも長時間お疲れ様です。
多分、始めた頃は、何をどうしていいのかわからないのに、
セラピーして、ビデオ撮って、ビデオのサマリーまで書いて送らないといけない・・・
で、当日には、ダメだしを食らうってことで、かなりのプレッシャーだったと(今もかも)思います。
でも、ご安心を。
随分、いろんなことが見えてきたと思いますよ。
だって、自分自身のビデオを見て、どこが問題か拾えてきましたよね。
ここが一番大事なとこです!

さてさて、このメンバーの中のお子さんで、とっても発声が難しいお子さんがいます。
短い音にしよう、擬態語にしよう、普段出ている音に近いのは・・・
と、試行錯誤している私たち大人でしたが、
なんと!ある日、複数の音節がある単語を自ら言ったそうなのです!
すご~いい!
お母さんに、いくつかある大好きな歌のフレーズを言ってきた!
子どもにとって、どうしても言わねばならないワケがある。
そう、どうしても手に入れてたい物(聞きたい歌)があるのに、
今、その物がここにはない・・・だから、叫ぶんだ~

と、子ども自身からの発語を促すために最も大事なことは、
子どもが楽しいこと・好きなことを、どれだけ捜せるかです。
決して、「何がほしい?幼稚園で何したの?お名前は?」と、質問攻めにすることではないのです。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる