FC2ブログ

2007-03-23

嬉しいお便り

一人の青年からお手紙をいただきました。
映画を撮る仕事がしたいと、在学中から自分自身で映像の仕事をしていました。
卒業とともにオーストラリアに映像の勉強に行っていたのですが、
最近、一時帰国し、手紙とお土産を送ってくれたのです。
実は、この彼、第1回Kid’s セミナーの撮影を請け負ってくれていました。
いろんな企画や編集を考えてくれて、とてもいい映像に仕上がっていました。
が、その映像の受け渡しでちょっとしたトラブルがあり、私は厳しい注文をつけました。
「せっかくのいい仕事が、ここでダメになる」と。
結果的には大事には至っていないんですが、でも、ひとつ間違うと信用がなくなっていまいます。
私が20代の頃なら、そんなこと言われると逆切れしてたかなとも思うんですが、
この彼は、きちんと侘びて後始末ができる人でした。
こんなご縁で、彼が日本を旅立つとき、ちょっとした贈り物をしたのですが、
それにもきちんと礼状が届き、今回の帰国の際にも連絡してきてくれました。
半年ほど日本で資金稼ぎをして、また、勉強に旅立つそうです。
生きていく場所は人それぞれだと思うのですが、
どんな場所にいても、まっとうにまっすぐに生きていくことは、とても気持ちがいいなと思います。

コメント ( 2 )件 | この記事のリンク

  • 名前:ひろみ   投稿日時 : 2007.03.24 【URL】
  • 素敵な青年ですね。きっととても芯のしっかりした強い人なんですね。お若いのに、どんな場面でも素直に冷静に対処できるって、すごいです。私の若い頃は、お恥ずかしい話ですが、自分が間違ってないと思えば上司にも感情むき出しでした。今思えば、弱い自分を守るのに必死だったっていう感じです。その青年が帰国の折にちゃんと連絡くれるのは、きっと江口さんのお人柄を尊敬してらっしゃるのでしょう。慕う人がいたり、慕ってくれる人がいるってすんばらしいことですね!
  • 名前:   投稿日時 : 2007.03.24 【URL】
  • 私も、お恥ずかしい話だらけです(笑)
  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる