FC2ブログ

2007-02-26

Pくんの暇つぶし

今日はP君のお家のミーティングでした。
P君は幼稚園に行っている時間帯なのですが、今日は日曜の生活発表会の代休でお家にいました。
ミーティングは2時間半ぐらいかかります。
その間、お母さんも私たちセラピストも、P君と遊んであげることはできません。
うちのミーティングはと~っても厳しい!考えないといけないことがたくさんあるので、P君の相手をしている暇はないのです。

P君のお母さんは、事前にP君に説明をしています。
「お母さんとあきちゃんと江口先生がお話するから、P君はこっちで遊んでてね。お昼ごはん食べてから、あきちゃんとお勉強するからね。」
まず、この説明が良かった。子どもが話に割って入ってきて怒られる失敗をする前に説明して、見通しをつけててあげる。
しかも、どうやって過ごしておけばいいかも説明してあげる。
このおかげで、私たちがP君のお家に着いた時、P君は迷わずお隣の部屋でお絵かきボードやブロックで遊び始めるのでした。

が、しか~し、そう上手くはいかない!
1時間ぐらいたった頃でしょうか、「江口先生帰ってから」(江口が帰るとあきちゃんとお勉強ができる、P君はあきちゃんとのお勉強=セラピーがとても楽しみなのです)と言いつつ、
じりじりと私たちの話の間に入り込んできます。
お母さんの背中に乗ってみたり、微笑んでみたり・・・
ここで効いてくるのが普段の遊びの練習。
あきちゃんにトランプを出されると、P君はそのトランプで遊び始め、再び自分で遊んで過ごすことができました。

とても立派でした。

子どもにとって遊べるということは、とても大事なことです。
他の子どもと関係を持つためのツール。
もう1つの意味は、こういった暇な時間を上手く潰せるためのツール。
子どもが起こす多くのマズイ行動(発達障害があるなしに関わらず)は、
何していいかわからない暇な時間に起こります。
防ぐには、何か暇を潰す活動を教えていくに限ります。
しかも、ディズニーランドに行くとか、おもちゃを買いに行くとか(時にはいいのですが)、
そういった特別なことではなく、普段の生活の中でできることであることが大切だと思います。







コメント ( 5 )件 | この記事のリンク

  • 名前:かずちゃん   投稿日時 : 2007.03.01 【URL】
  • ミーティングが始まって1時間くらいした頃じりじりと私達の間に
    入ってきたものの相手をしてもらえないと悟った息子の一言。
    「じーっとじーっとがまん。がまん。」テレビ番組のせりふですが
    偶然?場面にマッチしていたので母は笑いをこらえるのに必死でした。
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2007.03.02 【URL】
  • かずちゃんさん、偶然ではないと思います。
    Pくんの言葉は殆ど場面に合っています。
    いろんな場面で見聞きしたことを、他の場面で応用する力はピカ一です。
  • 名前:かずちゃん   投稿日時 : 2007.03.03 【URL】
  • 江口さんのコメントが私への強化子になってます(笑)
    ほんとたまにですが、息子はほんとに発達障害があるのだろうかと
    思わせることがあるんです~母の欲目ですが・・・
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2007.03.04 【URL】
  • 欲目、持って下さい。できることもたくさんあるんで。
    あ、でも、ほんとにP君の遊び方とか人への関心の持ち方は、とてもいいんですよ。
  • 名前:ogihara   投稿日時 : 2007.03.06 【URL】
  • 遅ればせながら、参加。
    あの日、お昼をはさんでセラピーにいったときの最初の一言は、
    「あきちゃん、朝ごはん、たべた」
    でした。
    どこで変換してしまったのでしょう…うーむ。
  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる