FC2ブログ

2006-12-27

まぁいいや~ん

最近、Cちゃんが獲得した言葉です。

私「あ、どうしよ~」
C「どうしたん?」→これは少し前に獲得した言葉です
私「間違えちゃった(塗っている絵を指して)」
C「黄色塗って」
私「え~でも、赤で塗ってしまった~どうしよ~」
C「まぁいい~ん」

こんな感じで、見事な関西弁で抑揚たっぷりに言ってくれます。

最初は、私が困って「ど~しよ~」と言っていると「ごめんね」と言っていました。
私のnegativeな状態がCちゃんによって起こっている場面と(この場合は原因がCちゃんにあるので「ごめんね」で合ってる)、
そうでない場合の区別がついていなかったのだと思います。

こういった言葉を教える時に大事なことは、子供が言葉が持つ感情を感じていることなのです。
私が「どうしよ~」「間違えちゃった」のような言葉を言いながら困っている表情・仕草をしているのを見て、
ちょっとソワソワしているとか、何か言おうとしているのか、
言葉に適した感情を抱いている様子がないと教えても意味がありません。
言葉を教える時に最も大事なのは、その言葉と子どもの感情をマッチングさせていくことなのです。
言葉は、自分の意思や感情を伝えるものだからです。
ここを無視して発音だけで教えると、カードを出した時には言うけれど必要な場面では言えない、使えない言葉になります。

もし、上記のような演技をしてみても子どもが無反応だったらどうするか。
この言葉を教えられるほど社会性を育てられていないと判断して、課題を先送りします。
まずは、子どもにとっての私の価値を高めることが先なのです。
私が困っていたら助けたってもいいで~と思えるぐらいに




コメント ( 4 )件 | この記事のリンク

  • 名前:ひろみ   投稿日時 : 2007.01.01 【URL】
  • そっかー、そうなんですよね。わたし、大事なとこが、わかっていながら抜けていたように思いました。私の場合、理解できていないな、反応ないなとわかっていながらも、「こういう時は、人はこんな気持ちになるんだから、こう言いなさい」みたいな教え方をしていた事が多々あります。例えば、何年も前の話になっちゃうんですが、息子が友達の家に遊びに行って、そこで遊んだゲームがすごく気に入って、次の日もその子の家に行った。でも、その日はその子の家で遊べないと聞いた。家で遊べないから、昨日のゲームができない。それで、帰ってきました。その流れを聞いて、「帰ってきちゃったら、お友達、いい気がしないでしょ?ゲームだけが目当てで行ったみたいでしょ?逆の立場だったら、イヤじゃない?」って言ったら、「別にイヤじゃない」と、息子。その時の息子には、ゲームできないから帰る、それと友達の気持ちが結びつかなかったようで。それでも、必死で、相手の気持ちにだけスポットを当てて、私は話していたと思います。相手の気持ちがわかるところまでいってない子に、飛ばして話してもダメだったんですね。もちろん、反応していないことに気がついていたのですが、「どうして、わからないの」という私の感情が先立ってしまってたんです。例はちがっても、今も時々、こういう、息子の感情がついてこれてないところに、苛立ってしまう自分があります。反省です。
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2007.01.04 【URL】
  • 難しい問題です。
    実年齢や生活環境によって必要なソーシャルスキルと、
    子ども自身が、現在、学べるソーシャルスキルとのギャップがありますよね。
    日々生活していると、感情が先走ってしまうこともあると思うのですが、
    お子さんが20歳になった時を考えて、何を教えておかないといけないか考えてみて下さいね。
  • 名前:KYOママ   投稿日時 : 2007.01.04 【URL】
  • あけましておめでとうございます。今年も(いつまでや~)よろしくお願いします。
    遅いコメントで申し訳ありません。「まあいいやん」は近頃日常生活でもでてくるようになりました。最初は私が大げさに困っている場面を見せていわせていたのですが、最近兄に対しても言うようになりました。兄が算数の問題でパニックっているとCが(Cも向かいで勉強している)「おにいちゃん、まあいいやん。」とグッドなタイミングでいってくれます(~o~)。それで本当に「まあいいやん」になってお兄ちゃんのパニックがおさまってくれます。
  • 名前:eguchi   投稿日時 : 2007.01.05 【URL】
  • 今年もよろしくお願いします。
    Cちゃん、最近、人との言葉の間合いを読むようになってきましたよね~
    とても愛しいです・・・i-233
  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる