2013-03-29

旅立つチームに感謝

スク―トライアル・こども塾では、この3年ほどでクラスが増え、
アシスタントのアルバイトさんも10名前後になり、その中には学生さんもいます。
こども達の卒業式の後は、アルバイトさん達の卒業式。
今年も3名の大学生さんと大学院生さんが旅立っていきます。

私は最初、クラスを仕切っている寺口がアシスタントさんに担当のこども達への援助を細かく指示し、
その通りに動いてくれることでクラスが運営できればと考えていました。
ところが、数カ月ぐらいたってくると少しずつアルバイトさん同士の交流が生まれ、
すると仕事中も、自分の担当のこどもだけでなくクラス全体に関わる動きがでてきて、
こども達が1つのチーム(仲間)になっていくように、アルバイトさん達も1つのチームになりつつあるんですよね。

そんな彼らの卒業式。
こども達との楽しかった、面白かった、大変だった話しをしながら美味しいものを食べて飲んで、
豪華賞品付き(笑)暴露話付きのゲーム大会の後は、それぞれの思いをスピーチしてもらい、
クライマックスは卒業証書授与式。
3名の卒業生には、私から卒業証書と在校生からの寄せ書きが渡されます。
そして、3名なりのラストスピーチ。
Kid’sPowerで働いたことの充実感を笑顔と涙で語ってくれたこと、私は本当に嬉しかったです。
たった週に1度でも、アルバイトという立場でも、キツイ仕事でも(学校と似た環境にするので夏場なんて汗だくです…)、
こんなにステキな働き方をするチームになることを皆さんから教えられました。
そして、もう1つ気付いたこと。
彼らがステキなチームに成長し、それを私に感じさせてくれる場を作ってくれたのは他でもない、
うちの正社員の女子2人なんですよね。
当然のことながら、このチームが勝手にできていったわけではなく、
仕事を通してアルバイトさん達が絡む場面、イベントごとの打上、ちょっとした日常のお付き合い、
そんな彼女達の日々の積み重ねがあったからこそ、最後の場では、卒業していく彼らから、
心からのスピーチを聴かせてもらえたのでしょう。
彼女達に、経営者の醍醐味を味あわせてもらったといっても過言ではない。
素晴らしい人格を持たれている経営者の多くは、「経営者をさせてもらっている」という表現をよく使われますが、
私自身も、それを本当に実感した時でした。
また4月から新しいチームになりますが、残ってくれているメンバー達と更にいいチームができるよう、
そして、それがこども達にいい効果をもたらせるよう頑張りたいと思います。

このところ自慢話続きで申し訳ないのですが、でも、本当に嬉しかったんです…

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる