2010-07-26

ジンクス

7月セミナーが終わり、ホッと一息といきたいところですが、
今週末には、福岡で200人を超える参加者が集まる講演会があり
(そのうちの半数は学校教員の方々なので、どんな空気になるのか楽しみなのです)、
8月セミナーがあり、小学校の先生へIEP作成の講演と、
秋頃には夏休みがあるのかしら…いやいや、週末に休みがとれるだろうか…なんて、
今年もリゾートで過ごす夏休みとは、程遠い夏になりそうな気配がいっぱいです。

さて、こんなイベント続きにスタッフが心配することの1つは、私のギックリ腰。
1回目 集団プログラム(スクールトライアルの前身)のデータ収集中
2回目 スクールトライアル卒業式直後(謝恩会出られず…)
3回目 8月セミナー翌日の休日
と、このところ、イベントごとに起きているギックリ腰。
そして、今年はと言いますと、実は、7月セミナーの10日ほど前にきたんですよね~
いつもは、イベントの後にはギックリ腰ありきと、なんだかジンクスのようになっていたところ、
その前に来たってことで、なんだかイヤ~なジンクスに打ち勝った気分!
とは言え、大変なことに変わりはなく、ビデオ編集や当日の準備やなんだかんだと業務は多く、
この暑さの中、腰には固定バンドを取り付けなきゃならず、いつ起こったって大変なことに変わりなし。

人は、いろいろなジンクスを考え出す生き物ですが、
それは、そういう落としどころがあるほうが、その対処がわかった気がして安心するからかもしれない。
時として、それがジンクスになるように都合が悪い事実は忘れたりもする。
私のギックリ腰も、そんなところで何だか納得した気分に陥るところだが、何の解決にもならない。
仕事が立て込んで睡眠時間が減り(腰がいつも負担状態)、セミナー等の講演会ではヒールがある靴を履くからという、
うちのスタッフの単純明快な教えのとおり、今年のセミナーは、ペタンコ靴で登場してみました。


コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる