2010-02-23

オリンピック

皆さん、見ていますか?
うちのレコーダーはフル回転で録画されています。
4年に一度の数分間に全てを集中させる能力、スゴイな~と思います。
テレビ画面で見ていても、いちいち叫んだり、涙を流させられてしまうのですから、
彼らのこの一瞬にこめるパワーとは、とてつもないものなのだと思います。
私は特にフィギュアスケートが好きなのですが、何度も見ていると、
同じ選手の演技でも、集中している時とそうでない時の演技は、見分けがつくようになります。
いい演技のときは、動作の1つ1つを選手がコントロールしているように見えるのですが、
そうでないときは、動作がただ羅列されているように見えるのです。
私の仕事でも似たような感覚を体験します。
講演をさせてもらう機会が時々あるのですが、調子がいい時の講演は、
一言一句が絶妙なタイミングで頭に浮かび、その言葉をタイミングよく発することができますが、
調子がよくない時は、言葉が勝手に口をついてしまうか、無理矢理しぼりだす感じになります。
スケートで言うならば、氷の上でスケート靴が勝手に動いているか、つまずきながら無理に力で動かす感じでしょうか。
まぁ、オリンピック選手の演技と私の講演とでは、レベルが全然違うのですが、
いい演技にもいい仕事にも共通することは、いかにその動きをコントロールしているかで、
コントロールできているというのは、傍から見ていてもピタッとくる絶妙なタイミングでいい動作(言葉)を重ねることで、
その重なりの連続が美しく見えるのでしょう。
もちろん、この美しさを創りあげているのは、日々の練習や準備に他ならず、
その練習と準備をいかに維持し続けられるかが、成功の秘訣であり、プロの仕事であると思います。

オリンピック後半も、とても楽しみです!!!

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる