2007-02-28

ソーシャルファーム

先日、同業者の友人に『ソーシャルファーム』(Social Firms)について、教えてもらいました。
1970年代にイタリアで精神障害者を中心に始まった組織です。
目的を社会的な公益とし障害者のために仕事を提供するが、手段は企業の形態をとっていき、きちんとサービスとして買ってもらえるものを提供するそうです。
このあたりの内容については、私もとても関心があります。
うちの子ども達が学校生活を終えた後の生活、それが、とても気になるのです。
いつか・・・という企ては持っているのですが・・・期待せずに希望を持っていてくださ~い(笑)
で、今日は、職業のことで1つ思うことをお話させて下さい。
ソーシャルファームの紹介の1つに農業や酪農を行っている組織があり、そこで私の疑問のスイッチが入りました(ちなみに、ソーシャルファームのファームは農場ではなく、会社という意味です)。
前から疑問に思っていたのですが・・・なぜに農業?酪農?
多いですよね・・・自然と触れ合ってみたいな。
養護学校や特別支援学級でも、農作業、多いですよね。なんで?

楽しむというならば、発達障害がある子どもを知らないとしか思えない。
農作業って、暑いし、寒いし、手に泥がつくし、こういった作業が好きな子は多くないと思います。
食べることが好きだからっていうけど、作物をつくることは好きではないでしょ。食べることが好きなんで。
それに、育て始めてから収穫までの時間を考えたら、余りにも楽しみが来るまでに時間がかかってしまう。
もし趣味として、お家でもできる楽しみというならば、必要な材料を選んで買い物できることでよくって、
なにも、かえって非日常で、多くの場合、お家の人が簡単にできないような作物作りから始めなくても(場所とか物理的な問題もあるので)・・・

労働に結びつけるっていうのであれば、農業・酪農をなめているとしか思えない。
自然の厳しさを殆ど体験せずに育った私たちにとって、こんなに大変な仕事はないです(私の祖母の家は農家で、私の夏休みは農家での生活たったので、多少わかるのですが・・・)。
暑いときにクーラーないけど、厚着しとかないと虫や蛇にかまれるし、作物は日当たりが大好きなんで、炎天下で作業しないとならない。
寒いときは暖房ないところで、時には水仕事しないといけない。
今日は気分がのらないから明日になんてできない。その1日で作物は枯れるかもしれないし、動物は死ぬかもしれない。
それに、どうにもできない天候や野生動物のおかげで、半年頑張って育てたものが全てダメになることもある。

どんな仕事も大変なことがあると思うのですが、酪農とか農業は余りむいてないと思います。
全ての人が向いていないというわけではないのですが、多くの場合、向いていないし好きでないと思います。
もちろん、好きなのであれば、それはそれでいいと思うのですが・・・

もし、どうしても農業とか酪農を教えるというならば、まず、特別支援学級だけ冷暖房完備みたいなことはやめて、
学校の決まったスケジュールはきちんと守らせることを学ぶ必要があると思います。

コメント ( 6 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる