2013-03-29

旅立つチームに感謝

スク―トライアル・こども塾では、この3年ほどでクラスが増え、
アシスタントのアルバイトさんも10名前後になり、その中には学生さんもいます。
こども達の卒業式の後は、アルバイトさん達の卒業式。
今年も3名の大学生さんと大学院生さんが旅立っていきます。

私は最初、クラスを仕切っている寺口がアシスタントさんに担当のこども達への援助を細かく指示し、
その通りに動いてくれることでクラスが運営できればと考えていました。
ところが、数カ月ぐらいたってくると少しずつアルバイトさん同士の交流が生まれ、
すると仕事中も、自分の担当のこどもだけでなくクラス全体に関わる動きがでてきて、
こども達が1つのチーム(仲間)になっていくように、アルバイトさん達も1つのチームになりつつあるんですよね。

そんな彼らの卒業式。
こども達との楽しかった、面白かった、大変だった話しをしながら美味しいものを食べて飲んで、
豪華賞品付き(笑)暴露話付きのゲーム大会の後は、それぞれの思いをスピーチしてもらい、
クライマックスは卒業証書授与式。
3名の卒業生には、私から卒業証書と在校生からの寄せ書きが渡されます。
そして、3名なりのラストスピーチ。
Kid’sPowerで働いたことの充実感を笑顔と涙で語ってくれたこと、私は本当に嬉しかったです。
たった週に1度でも、アルバイトという立場でも、キツイ仕事でも(学校と似た環境にするので夏場なんて汗だくです…)、
こんなにステキな働き方をするチームになることを皆さんから教えられました。
そして、もう1つ気付いたこと。
彼らがステキなチームに成長し、それを私に感じさせてくれる場を作ってくれたのは他でもない、
うちの正社員の女子2人なんですよね。
当然のことながら、このチームが勝手にできていったわけではなく、
仕事を通してアルバイトさん達が絡む場面、イベントごとの打上、ちょっとした日常のお付き合い、
そんな彼女達の日々の積み重ねがあったからこそ、最後の場では、卒業していく彼らから、
心からのスピーチを聴かせてもらえたのでしょう。
彼女達に、経営者の醍醐味を味あわせてもらったといっても過言ではない。
素晴らしい人格を持たれている経営者の多くは、「経営者をさせてもらっている」という表現をよく使われますが、
私自身も、それを本当に実感した時でした。
また4月から新しいチームになりますが、残ってくれているメンバー達と更にいいチームができるよう、
そして、それがこども達にいい効果をもたらせるよう頑張りたいと思います。

このところ自慢話続きで申し訳ないのですが、でも、本当に嬉しかったんです…

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2013-03-04

お菓子がいっぱい

>> 記事の続きを読む

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2013-01-01

新年おめでとうございます

新年おめでとうございます。

毎年やってくる1月1日、繰り返される365日の1つの日付でしかないのですが、
何だか新しい時間が始まるような、いい事も悪い事も、去年を一旦整理できる1日ですね。
最近、年のせいか(笑)、こういう季節ごとの節目は大事だなと思います。
2013年は、皆さんにとってどんな年になるのでしょう。
Kid’s Powerはと言いますと、今年の9月9日で設立から丸10年になります。
前日の9月8日は日曜日、これまで出会ってきたこども達みんなとご家族を招待して、
同窓会パーティなんてしたいなぁなんてことも考えています。

さて、10年の節目ということもあり、私たちのこれからの方向性を考えることが多いのですが、
私は元々、この業界の人間ではなく、知識もスキルもツテもなかったので、
「発達障害があるこども達やそのご家族に、こども達に受けさせたいと思える教育サービスを提供し、
彼らにも教育の選択肢がひろがること」
この想いだけで、設立当初から走りに走ってきました。
1~2年前からでしょうか、少しサービス内容が安定してきたこともあり、
このところは、組織内部のタフさを整えるために改革しているところです。
そして、これからの10年、やはり考えるところはこども達が大人になった時、
いかに社会の中で生きていけるかということです。
私が創業当初にみてきたこども達が、そろそろ成人し始めます。
学校に通っていた頃よりも、成人してからの人生の方が圧倒的に長く、
その生活を支えるためには、就労が、とても大きな意味をもちます。
定期的な活動があるということは、人の生活に区切りをつけてくれます。
季節ごとの節目と同じで、その区切りがあるから楽しさや嬉しさを感じることができ、
また、辛いことや悲しいことから切り替えるきっかけができます。
これからの10年、こども達が、楽しいこと、嬉しいこと、悲しいこと、辛いこと、
人らしい体験をしながら、日々の生活を維持できるための力をつけると共に、
こども達と社会が、互いに寄り合えるような社会システムを考えていきたいと思います。

今年も皆さまと一緒に、笑いあり、涙あり、そして学びある日々を送れることを楽しみにしております。
本年も、スタッフ一同、よろしくお願いします。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2012-10-23

キャンプありがとうございました!

スクールトライアル・こども塾のこども達と一緒に、しあわせの村へ1泊2日のキャンプに行ってきました。
(最近は現役生だけで定員いっぱいになり、1年以上前の卒業生の方には声をかけれずすいません…)
今年は、2日間とも行楽日和の秋晴れに恵まれ、とても気持ちのいい時間となりました。

まずはこども達。
盛りだくさんの2日間のスケジュール、よく頑張りましたね。
お家に帰ってからも、ご家族の方々やセラピーの訪問に行ったセラピストにキャンプのことを話しているようです。
嬉しいことに、一緒に過ごしたお友達の話が出てきているようです。
キャンプに行って、どんな遊びをしたとか、何があったとか、そんな話ももちろん楽しいのですが、
一緒に過ごしたお友達のことがでてくると、それが、こども達が仲間と思っていることの証ですよね。

それから、お母さん達。
バーベキューの準備では、本当にお世話になりました。
皆さんの主婦の力、そして、お父さんの野外活動の力により、今年も美味しくできあがりました。
そして、今年も、よく話しましたよね~~~
お昼に集合してから、どんな時にも話しがつきることはなく、
手が動いていても、体が動いていても、必ず口も動いているという(笑)、
やっぱり、同じベクトルで動いている仲間との話は盛り上がりますよね!
私の勉強会では、毎年のことながら少々厳しい将来の話もしましたが、
厳しい現実にも必ずいい方向へ進む糸口はあるので、
そんなことを一緒に考えられる仲間を私たちと一緒につくっていきましょう!

そして最後になりましたが、毎年お手伝いしてくれるボランティアさん達。
皆さんの力なしには、こども達とご家族の楽しい時間をつくれることはなかったでしょう。
本当に感謝しています。
打上のバーベキューでは、いろいろな話ができて本当に楽しかったですね。
予定より随分長引いてしまいましたが、全員が最後まで食べて、飲んで、おしゃべりして、
楽しい時間を過ごしていただいたようで嬉しいです。
そして、ここで出会ったこども達やご家族との経験を、
これから様々な方面で活躍する時に、ぜひ、役立ててもらえればと思います。
今や発達障害がある人は、学校や療育施設等のこどもがいる場所だけでなく、
職場の同僚だったり、ご近所さんだったり、親類に1人ぐらいいたって不思議ではありません。
そんな時にどうか、彼らが社会で生活していくことを当たり前と思い、
互いに助け合う関係になれるように、必要なだけの手助けをしていただければと思います。

また楽しい時間を皆さんと共に過ごせるよう、これからもよろしくお願いします。
お父さんお母さん、ボランティアの皆さま、ぜひ、キャンプの感想などコメントお待ちしております!

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2012-08-22

今年最後のセミナー

いよいよ今週末に迫ってきました、今年の8月セミナー。
7月には、基本的な療育のやり方をガッツリ学んでいただきましたが、
8月は、コミュニケーションやソーシャルスキルの続きの内容であったり、
もう少し先のことを考える時間になります。
少し先のことというのは、義務教育の期間を得て、高等学校や大学、または就労といった話です。
お子様が幼児期や小学生の保護者の皆様には、まだまだ遠いことと思われるかもしれませんが、
今のこの時間の過ごし方が、こども達が自己形成していく中で大きな影響を及ぼし、
それがベースに義務教育以降の進路を決めていきます。
思春期以降は、それまでの蓄積を整理する時間なので、そこから加筆修正は難しいのです。
だからこそ、こども達が幼い時期から少し先のことを見据えて、
今何が大事なのかを考えていただければと思います。

できれば… 
ご夫婦で、お子様の将来を少しお話しされてからご参加いただけると、
このセミナーは、よりステキな時間になるのではないかと思います。
普段は毎日の生活でいっぱいでしょうから、なかなか遠い未来のことを考える余裕なんてないと思いますが、
このセミナーを年に1度の、心の整理の時間と思って一緒に考えていきましょう。
7月以上に、皆さんのご意見を伺うことが多いと思いますが、よろしくお願いします。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる